8/09/2016

サーモンとブロッコリーのパスタ

夫の体重が最近増えているので、カロリー控えめ料理を作ることにしました。 

基本、毎日同じものを食べているのに、私は特に体重増加していません。 エネルギーの消費量が違うのか、或は、根本的にメタボリズムが違うのでしょうか、わかりません。

メニューは、サーモンとブロッコリーのパスタです。 パスタの量は少なくして、全粒粉スパゲティを使いました。 

サーモンはオーブンで焼いてほぐします。 ブロッコリーはスパゲティと一緒に茹でて、くたくたにするアメリカンスタイルです。


塩分控えめですが、パルメザンチーズはかかせません。

サラダには、ひよこ豆、ケール、きゅうり、セロリ、紫玉ねぎ、トマトが入っています。 ドレッシングはシャンペンビネガーと塩・コショーだけです。


ペアリングワインは、シャルドネです。


おつまみやデザートもなしです。 翌日の夫の体重は2.3ポンド(約1キロ)減っていました。 私は変わりません。

1ポンド=454グラム

私の場合、かなり食べても、1日で2ポンド以上も変化することはほとんどありませんが、夫はよくあります。 体重増減の単位が違うのでしょう。

アメリカ人で300とか400ポンドある人、いっぱいいますが、こういう人たちの1日の増減はもっと大きいと思われます。

日本と比べて、土地も広いし、体も大きいし、何だか、全てのスケールが大きいです。

でも、歩く距離は少ないので、肥満が蔓延しているのでしょう。

夫は、この日から毎日ウオーキングして体重減少に励むらしいです。 いつまで続くでしょうか。

4 件のコメント:

  1. いつもながら、センスのいい
    美味しそうなお料理!

    お昼ゴハンがほとんど
    取れなかったので
    このお写真は拷問です〜(笑)

    しかし、旦那さま、
    本当に幸せ者ですね!
    うらやましい❤️

    返信削除
    返信
    1. お褒めの言葉をいただきまして、ありがとうございます。 できるだけワンパターンにならないように心がけていますが、どうしても同じようなものを作ることになってしまいます。 夫は好き嫌いがあまりないので、作るもの何でも食べてくれますので、楽です。

      削除
  2. 旦那さんの体重が増えやすいのは、やはり、新陳代謝が関係あるように思います。筋トレをすれば、男性は結構痩せやすい体を作れると思います。私の夫は、運動をしていませんが、糖質制限で、なんとか、少しずつ痩せてきました。アメリカは、本当に太った人が多いですよね、最近ときに女性の後ろ姿にびっくりすることが多いです。 彼女たちは、どう思っているのかな? 病気になるのが一番怖いのに。。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、新陳代謝は人種によって違うと思いますか? 夫は根本的に違うと思っているようです。 アジア人は食べても太らないと思っているところがあります。 夫は子供の頃から、筋トレどころか運動が苦手です。 なので、やっても無駄と、そう思い込もうとしているような気がします。 

      削除