8/29/2016

ポークチョップのパイナップルソース添え

ホームクッキングの日です。 まずは、久しぶりにチーズボードを用意してみました。


ペアリングワインは爽やかなソーヴィニョンブラン。


メインはポークチョップです。 塩・コショーして簡単にグリルしています。 


ポークチョップに合わせてパイナップルソースを作りました。 缶詰パイナップルを細かく切って、シロップ、ラム酒、砂糖で煮詰めました。


ペアリングワインは繊細なピノノワールです。


もしかしたら、ピノノワールよりもジンファンデルの方が料理に合っていたかもしれません。


家での食事はふたりで1本のワインが適量です。 でも、時々ですが最初にスパークリングワインや白ワイン、その後、赤ワインが欲しくなって2本オープンする時もあります。

この2本を全部飲んでしまうと飲み過ぎなので、残しておいて後日いただきます。

ナパに引越しする前は、料理に合わせてのワインを重要視していなかったような気がします。 なんとなく飲みたいワインを選んでいました。

今は料理に出来るだけ合わせてワインを選んでいます。 と言っても、家のワイン在庫状況もあるので、ままならない時もあります。

フード&ワインペアリングが上手になるには経験を積み重ねていくのが一番だと思います。 失敗もあるけれど、この組み合わせを考えるのが楽しいです。


4 件のコメント:

  1. チーズボード久しぶりですね。私もチーズと生ハムが大好きなので、チーズボードを見るたびにワクワクします。ワインと料理のペアリングは、どのように選んでいるのですか? 例えば、ポークチョップのパイナップルソースに合わせたりするのに、ワインは、辛口か甘口か軽めかなど、どのようにチョイスをすのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、基本は軽めのフードは軽めのワイン、ヘビーなフードはフルボディのワインというように比例しているようです。 でも、甘かったり、辛かったりすると、逆で攻めたりします。 でも、結局、好きなワインでいいみたいです。

      削除
  2. きゃー!チーズボード、
    美味しそう!

    チーズが主食(笑)の私には
    ワインとのペアリングの このお写真、
    たまりません!

    返信削除
    返信
    1. rankoさん、チーズボートはワインカントリーでは基本です。 どこに行ってもあります。 ワインもチーズも奥が深く、ペアリングさせるともっと奥深くなります。(笑) 

      削除