7/31/2016

刺身が寿司になったテイクアウト

サンフランシスコの宿泊したホテルで、夜中、愛犬と私の体調が悪くなりました。

翌日予約していたランチをキャンセルして、ナパに戻って来たら、愛犬も私もかなり回復です。 食べ物にあたった訳ではなく、霧のせいでもないと思います。 よくわかりません。

体調がイマイチの状況では、食事を作る気力もなくテイクアウト料理になりました。 ナパ市内にある和食レストラン、Sushi Hakuに料理注文です。

注文は鯖の塩焼き定食2つと刺身盛り合わせ。

このレストランは、日本人経営ではありませんし、日本語を話す人もいない(たぶん)ので、私が電話する必要もなく、夫が電話で注文して、その後取りに行きました。


温かいものと冷たいものが分かれています。 これを開けてみたら、


刺身が寿司に変わっていました。 そして、さばの塩焼き定食に、サラダはついているけど味噌汁がついていません。 

夫は間違いなく注文したのだろうか、或は、レストランが間違って用意したのだろうか、不確かです。

でもレストランに限らず、このような間違いはこの国では日常茶飯事なので、怒ることもありません。 まあ、いいか・・・です。

米国生活では、こういうレベルに慣れることが必須です。 標準を低く設定すると、怒ることもなくストレスも溜まりません。 

そして、日本に帰ると、日本では普通のサービスに、在米者はえらく感動します。

良いこと尽くめです。

料理を家のお皿に入れ替えて、食卓を整えました。


ペアリングのワインです。


刺身が寿司に変わってしまったので、ご飯の量が増えてしまいました。 結果、鯖二切れは食べられず、残りの鯖一切れは翌日に食べることになります。 翌日の食費節約が出来ました。

やっぱり、良いこと尽くめです。

ということで、何事もポジティブに考えることが人生幸せというものです。

「フード&ワインの日々」記事更新しました。 サンフランシスコのミシュラン二つ星イタリアン、Acquerello(アクエレッロ)の (記事はこちら)です。 洗練されたイタリアンでした。 


2 件のコメント:

  1. 本当に、イライラしないためには、アメリカはこうなんだと日本と違うんだと言い聞かせないとダメですね。 体調が悪くなったとありましたが、大丈夫ですか? うえるびくんの具合は?
    一緒に調子が悪くなるのは、やはり、繋がっているんですね。。。お大事に。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、うえるびは咳をし始めて、私は頭が重い感じでした。 そして、うえるびと私、車酔いもしました。 でも、ナパに帰ってきたら、回復したのです。 寝不足もあるのかもしれません。 

      削除