7/15/2016

イチジクとプラムのサラダ

数日外食が続くと、やはりどんな料理でも家で食べたいものですね。

久しぶりに家での夕食は、炭水化物抜きのサラダです。 外ごはんで増え続けた体重を調整しなければいけません。

今のシーズン、マーケットでは野菜と果物コーナーが充実しています。 イチジクとプラムを買ったので、サラダにのせてみました。


イチジクとプラムの色から、ワインはロゼを選んでいます。


前菜プレートも用意。


ヘルシーディナーです。


小学生の頃、毎年夏が来ると、海や温泉へ家族や親戚と一緒に旅行しました。 どんなに楽しくても、家に帰るとなんだかほっとした気分になりました。 

子供の身分でもそう思ったのですから、子連れの親はもっとほっとしたことでしょう。

大人になってからは、引越しばっかりしていたせいか、そういう気持ちはあまりなかったと思うのです。 でも最近は、旅行して家に帰ってくると、妙にほっとします。

もしかしたら、これは自分の生まれた実家以来の、「マイホーム」というような感覚が芽生えているということでしょうか。

ということは、これまで住んだ16カ所(思い出して数えてみました)は何だったのでしょう。 ほとんど賃貸ですが、その内の3か所は購入(後に売却)もしている家やコンドです。

「マイホーム」という感覚は、賃貸とか所有とかは関係ないですね。 家族がいて(いなくて一人でも)自分にとっての心地良い空間みたいなものでしょうか?

あまり深く考えると混乱してきます。 

とりあえず平穏な日々を過ごしているということでしょう。

「フード&ワインの日々」更新しました。 ソノマのドライクリークバレーにあるWilson Winery(ウイルソンワイナリー)の記事はこちら)です。 ジンファンデルが超お勧めです。


2 件のコメント:

  1. こんにちわ。ウィルソンワイナリーって、テメキュラにもあるので、何か繋がりがあるのかと思いましたが、違うようです。うえるびちゃんは、食欲が旺盛で元気なんですね。ステロイドを投与しているのなら、副作用で食欲が出ている可能性もありますよね。副作用で、糖尿にもなりやすくなるので、気をつけていた方がいいと思います。 いろんな所に住んでいたんですね。
    私は、30代の頃マレーシアのクアラルンプールで働いていました。お恥ずかしながら、ホテルのフロントに、日本人のお客様を特に案内する係でした。 (ほとんど苦情係的な) マレーシアには、あまり長く住むという気持ちがなかったので、約2年と半年程で辞めました。 それから、アメリカで看護学部に行きました。 色々と、動くのは、若い時はいいけど、今は、落ち着きたいです。家に帰るとホッとするのは、いいことですね。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、ウイルソンという苗字はよくありますので、違うところでしょうね。良いワイナリーでした。

      糖尿病なんて考えもしませんでした。 でも、考えてみると、うえるびも今年は8歳(犬年齢では中年を越えて、初老ですか)ですので、食事には気をつけなければいけないですね。 ステロイドの副作用も心配しておりました。 情報ありがとうございます、助かります。 人間もそうですが、ひとつの病気があると、他の病気のことを忘れがちです。 気をつけたいと思います。

      マレーシアには行ったことありませんが、多くの日本人がリタイア生活しているようですね。 物価は安いようですが、暑そうなので、私は住むのはちょっとと思います。 私の引越しは、アメリカと日本だけですので、きぶたさんに比べますと、インパクトが弱いです。 きぶたさんも、色々な人生経験をされているようなので、いつか、ワインを片手に語り合いたいです。(笑)

      削除