5/05/2016

サーモンソテーサラダ

お肉なしのサラダディナーを用意しました。 サーモンをフライパンで焼いて、サラダに乗せた簡単調理です。


紫色の茹でポテトをサラダに入れましたが、美味しかったです。 野菜をたっぷり、健康食を心がけます。


ワインは、白メリタージュ(葡萄品種ミックスされたもの)です。


実は、サラダだけのディナーではありませんでした。


前日、夫の知り合いのご夫妻が我が家に立ち寄ったので、その時に用意したチーズ&シャルキュトリーの残り物をいただきました。

あくまでも、残り物ですので、これ全部食べていません。 でも、ちゃっかり、加工肉食べてしまいました。

お見えになったご夫妻は、ご主人がアメリカ人で、奥様がドイツ人です。 日本も含めたアジアでの生活が長く、最近サンフランシスコベイエリアに引っ越してきました。

ベイエリアには、国際結婚しているカップルだけでなく、アメリカ以外での生活経験豊富な人たちが多く、比較的文化や習慣の違いに寛容な人たちが多いと思います。

そんなベイエリアでのライフスタイルに慣れると、アメリカの保守的な地域での生活には違和感を感じることでしょう。

ベイエリアでの生活費は、全米で1,2を争う位高いと思いますが、多くの人にとって離れるのは、むずかしいようです。

でも、私たち夫婦は、根無し草なので、5年後、10年後、どこで生活しているのか検討もつきません。

2 件のコメント:

  1. きぶたです。ベイエリアの生活は、想像すると、とてもロスより良い感じがします。ただ、お金がないと大変ですよね。とりあえず、お金を持った人たちは、心が広いので、異文化でも受け入れるとおもいます。 サンフランシスコは、そういう土壌があるとおもいます。私も引越しをたくさんしているので、大変なのはわかっているけど、引越しをしないといけない時があります。アパートを更新する時に、とてつもなく値上がりがあるときは、引越しをします。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、ロスには昔数回行ったことあるだけです。 北と南カリフォルニアは雰囲気も人も違うような気がします。 どちらが自分に合うかでしょうね。 アメリカの大都市は、お金の有無が重要です。特に、ニューヨーク(といっても、マンハッタン)は、サンフランシスコより顕著ではないでしょうか。 色々な意味で、サンフランシスコはマンハッタン化しているような気がします。 

      削除