5/25/2016

旅のみやげ話②ホテルの食事

今回、クリーブランド空港近くのホテルに2泊しました。 遅い時間に到着して、早い時間に出発するので、エアポートホテルにしました。 

空港ターミナル、レンタカー、ホテルを巡回するシャトルがあるので便利です。


初日、ホテルに到着したのは、夜9時50分でした。 この時間は東海岸の時間なので、西海岸時間では、6時50分、夕食の時間です。


お腹がすいたので、ホテル内レストランで食事しようと思ったら、10時閉店なので10分しかありません。 


仕方がないので、ビールだけ注文。 この界隈ではメジャーな、Great Lakes Brewing、地元ビールです。


残念ながら、レストラン内で食べる時間がなかったので、ルームサービス料理(でも、自分で部屋に運ぶ)をお願いしました。 


頼んだ料理は、餃子。 めずらしいものがメニューにあったので、つい頼んでしまいました。


グリルドチキンサラダ


海老のラップ


集合写真


典型的ホテルレストラン料理

翌日の朝食は、同じレストランで、ブッフェ。



サンフランシスコベイエリアと比べると、安い!






典型的ホテルレストラン朝食

夕食も、このホテルレストランで食事。 まずは、ソーヴィニョンブラン。


ガンボスープ


ほうれん草のサラダ


ピノノワール


グリルドサーモン


キーライムパイ


これも、典型的なホテルレストラン料理

ということで、久しぶりにホテルレストランで3回も食事してしまいました。 料理だけでなく、雰囲気やサービスも含めて、典型的なホテルレストランのダイニング、期待通りですので、特に不満もありません。

アメリカのチェーンホテル内の直営レストランは、ほとんどこんな感じではないでしょうか。 もちろん、ホテルのレベルが上下すれば、違いは見られますが、大きなサプライズはありません。 ホテル内に店舗として入っているレストランは、またちょっと違います。

でも、それは悪いことではなく、どこへ行っても、期待通りの料理が提供されるので、がっかりすることもないのです。 知らない土地で、知らないレストランに行くのは、リスクを伴います。

私は、いつも美味しいものを食べたいと欲張っているので、本当は、空港やホテルで食事したくないと思っているのですが、スケジュール的に、利用することもあります。

日本のホテルや空港は、アメリカよりは、断然レベルが高いので、問題ありません。

アメリカのホテルレストランも変わりつつあるので(この話題はこちら)、今後に大きく期待したいところです。

旅の話、もうひとつ、続きます。

フード&ワイン更新しました。 ソノマのお城のようなワイナリー、Ledson Winery & Vineyards(レッドソンワイナリー&ヴィンヤーズ)の(記事はこちら)です。


2 件のコメント:

  1. こんばんわ。朝食のバッフェが10ドルちょっととは、安いですね。物価が全然違う。いいなー。クリープランドに昔立ち寄った記憶があるのですが、どんな所だったか覚えていません。
    どんな所なんでしょうか? 

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、クリーブランド市内は、危ない区域が多いです。 郊外の方が安全です。 冬はすごい寒いです。 5月でもまれに雪降ります。 クリーブランドクリニックという有名な病院があり、ケースウエスタンリザーブ大学など、アカデミックな雰囲気もあります。 昔、重工業が栄えていたので、東の方は、オールドマネー、立派な屋敷が並んでいます。 物価は安いです! というか、カリフォルニアすべて、高すぎでしょうね。

      削除