5/01/2016

サンフランシスコで美味しいお寿司の後

今回も、サンフランシスコで何を食べようか迷いましたが、しばらく食べていなかったお寿司にしました。

2016年度のミシュランガイドで一つ星評価を受け、只今、勢いにのっている和食レストラン、Inner Richmondにある「すし和香 サンフランシスコ」の(記事はこちら)です。 

とっても美味しいお寿司で、夫も私も大満足です。 アメリカにいながら、このレベルのお寿司をいただけるのは幸せなことです。 お勧めのレストランです。

ところが、この食事の後、何だか値段が高いと思い、無駄使いをしたような感じで、自己嫌悪に陥りました。

金額だけの話しでしたら、サンフランシスコで前回行った、和を取り入れたミシュラン三ツ星のアメリカンレストラン、Saison セゾン(記事はこちら)の方がずっと(4倍くらい)高かったです。 でも、セゾンでの食事の後には、特に無駄使い感覚はありませんでした。

違いはどこにあるのでしょうか? コスパ?

たぶん、日本料理だからです。 

在米生活が長くなってきて、アメリカで日本同様の料理を、期待している訳ではありません。 

でも、生まれ育って、人生の約3分の2を過ごした日本、その料理と価値が体に住みついているようです。 これは、そう簡単には、取り除けません。

美味しいお寿司や和食だけど、こんなに高い、と思ってしまいます。 顕著なのは、お寿司よりもラーメンです。 アメリカで食べるラーメンは高すぎます。 そして、そのほとんどが、美味しくない。

だったら食べに行かなければいいのですが、やはり、たまには食べたい和食。 そして、食べに行くと、無駄使いをしたと思います。 これはレストランの価格設定の問題ではなく、自分自身の感覚の問題です。 

この自己嫌悪から回復するために、次にしなければいけないのは節約です。 

ジャパンタウンの中にある、お手頃価格のレストラン、Mifuneに立ち寄りました。


とんかつ定食をテイクアウトです。


とんかつが2枚、ご飯、味噌汁、サラダ、と合計で2,000円位です。 日本と比べると、これも高いのですが、サンフランシスコですので、良心的な価格です。

翌日の夕食は、この1人前を、夫、私、愛犬で分けました。 無駄使い感覚と自己嫌悪から、立ち直りつつあります。

サンフランシスコ、パシフィックハイツから、ベイ景色です。 


この旅の後、愛犬の呼吸が荒くなり、心配しましたが、なんとか回復しています。 都会で、ストレスが溜まってしまったようです。 

2 件のコメント:

  1. きぶたです。お寿司とその他のお料理はとても綺麗に盛り付けをされていて、さすが1つ星だなと思いました。美味しそうですね。でも、日本食は、高いですよね。 とんかつも、美味しそう。ラーメン屋は、こちらのロスのあたりでは、本当にたくさんあり、すぐ潰れたりしているようです。なぜかアメリカ風に味付けされたラーメン(スープが甘い)を食べた事があったけど、不味かったです。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、美味しかったです。 でも、同じ金額で、日本ではもっと美味しいかもしれないと思ってしまいます。 小市民です。 ラーメンはアメリカ風に変えていますよね。 私は、甘いラーメンは耐えられないです。 LA辺りは、美味しそうなものがありそうですね。 LAで超有名なお寿司屋さん、いつか行ってみたいですが、かなり高そうですね。

      削除