4/12/2016

ワイナリーでNoと言えないアメリカ人

前日の記事で、ナパバレー、ワインカントリーで少しの飲酒は可能です、という話をしました。

せっかくのバケーション、ワインカントリーに来たら、少しはワインを味わいたいものです。テイスティングをすると、初心者でも味の違いがわかります。

白ワインではソーヴィニョンブランとシャルドネの違い、赤ワインではピノノワールとカベルネソーヴィニョンの違いは明らかです。

そして、同じ葡萄の種類でも、ワイナリーによって、もちろん味が違います。ワイナリー巡りが好きな人は、ワイナリーによる違いを楽しんでいる人達です。


まだまだ初心者の私ですが、ワイナリー訪問の度に、少しずつわかるようになり、楽しい趣味となっています。ワイナリー訪問の数をこなしていくと、ワインの味だけでなく、他にもわかることがあります。

その内のひとつは、テイスティングメニューの内容は、あくまでも基本にすぎないということです。

サービス担当者の仕事はワインを注いで説明することだけではありません。ワイン、そして、ワインクラブメンバーシップを売ることです。サービス担当者は、セールス担当者でもあります。

彼らは客と上手に会話しながら、ワインやワイナリーについて説明します。そして、客の反応を見ながら、テイスティングを進めていきます。

そして、その状況により、メニューに含まれていないワインもグラスに注いでくれます。逆に、客の方からメニューにないワインの試飲をお願いしても良いのです。何事も交渉です。

ここで注意!

① メニューにはないワイン試飲が加わりますと、想定外の飲酒量になったりします。必要でしたら、運転を他の方に変わってもらいましょう。残念ながら、ナパバレーには日本のような運転代行はありませんので注意です。
 
② 楽しい会話と美味しいワイン、すっかり気を良くして、ワイン大量購入。そして、もっと盛り上がると、ワインクラブメンバーになってしまいます。ここまで来ると、サービス担当者、やったねGood Job!です。

これまで、ワイナリー訪問を数多くしましたが、盛り上がってメンバーになっているアメリカ人は結構多いです。正直、ワイナリーで購入するワインはそれ程安くはありません。

たぶん、アメリカ人ってノリが良く、その場の勢いみたいのもあります。そして、同時に、ノリノリ気分になると、Noと言えないアメリカ人はいるのです。

基本、貯蓄意欲よりも購買意欲の高いアメリカ人たちですので「No!買わない」と言う勇気がないようです。

正直、わが夫がその典型です。でも、夫だけではないことをワイナリーで多く見てきました。

経済貢献は重要ですが、ほどほどにしましょう。家での消費が追いつきません。 



2 件のコメント:

  1. きぶたです。この時期は、観光で日本からも来ているようですか? ワインのテイスティングをすると少し酔いますが、ウエブリーさんが言うように、気をつければ大丈夫ですよね。私達夫婦がワインのテイスティングに行くと、あまり社交的ではないのと、アジア人だからと思われるのか、あまり説明がないような気がします。でも、あまりいろいろと話すのは苦手なので、それでいいと思いました。 アメリカ人は、嫌なら、ノーと言えると思っていたけど、調子に乗ってそのまま、購入したりするのですね。 今日の前菜のデビルドエッグはで作りですか? 美味しいですよね。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、日本からの観光客は少ないですね。 たぶん、でも、聞いてみないので、わかりませんが。。。 テイスティングでは、話したくなければ、しなくていいのです。 しなければいけないと思うと、ストレスになります。 ノーと言えないアメリカ人は、多いと思います。 そういうアメリカ人、結構知っています。 昔、アメリカ人から言われました、私は物をはっきり言いすぎると。 それ以来、あいまいな言い方に変えて、逆日本人になりました。 デビルドエッグは手作りです。 一個だけ、普通の茹で卵がありますが(見えますか?)、うえるびの分です。 

      削除