4/07/2016

ソノマのスポーツバー

ソノマのダウンタウンで、ディナー予約時間まで30分あったので、近くのバーに立ち寄りました。

バーと言っても、お洒落なカクテルが似合うバーではなく、アメリカ中どこに行っても見かけるスポーツバーです。


看板には、アイリッシュ フルーショット!


注射の意味のショットと、お酒のショットをかけてます、ジョークです。 

この裏側にも、


ご主人のデイケアセンター、これもジョークです。

このようなバーには、お洒落女子はあまり行かないでしょう。 でも、私はお洒落女子ではないので、もちろん入ります。


スポーツバーですので、もちろん、スクリーンはスポーツチャンネル。


カウンターと数テーブルのみ。 外は明るいのに、中は暗いです。

よく見ると、やはり怪しげなものが見えます。


消防士と女性の足が天井から落ちています。

ここはアイリッシュバーなので、消防士関連のものがたくさんディスプレイされています。


アイルランド系移民はアメリカで消防士とか警察官になった人が多く、現在でも、そのイメージがあります。



スポーツバーですので、やっぱりビールを頼みたいところでしたが、その後、ディナーが待っているので、軽くカクテルを注文しました。

もしかしたら、ビールの方が軽いのかも?


スポーツバーには似つかわしくないカクテルです。

出口には、消火栓があります。


もちろん、これは本物ではありません。 お飾り消火栓です。

昔、アメリカに来た当初は、よくスポーツバーに行きました。 アメリカの大学生はスポーツバーが大好きです。 

アメリカは日本よりも、飲酒年齢チェックが厳しく、21歳になると、それまで公に飲めなかった分、ここぞとばかりに飲みまくります。

健全なスポーツバーから、怪しげなスポーツバーまで、色々ありますが、このソノマのスポーツバーは怪しい感じではありませんが、そう健全な感じでもありません。

バーテンダーの女性が、がさつ、でも、気が利いてました。 この人、この道何十年の人だな、とわかります。 酒飲み相手ですから、そう優しくはしていられませんね。

こういうアメリカンな世界が好きです。 又、来てしまうかもしれませんが、次回は、ビールを頼みます。

一転して、この後のオサレなディナーレストラン、Cafe La Hayeの(記事はこちら)です。

ナパのワイナリー、Cosentino Wineryの(記事はこちら)です。

4 件のコメント:

  1. きぶたです。 アメリカンなスポーツバーに行った事がないので、どうなんだろうと思っていたけど、とても歴史を感じられて、興味深いです。警察官や消防士がアイルランドの方達が多いのは知りませんでした。 レストランの記事やワイナリーの記事も毎回とても素敵ですね。コメントは残していませんが、いつも楽しく読んでいます。

    返信削除
    返信
    1. アメリカンなバー面白いです。 
      ちょっと入りにくいバーもありますが、明るいバーもあります。
      今でも、アイリッシュ系の警察官や消防士がいっぱいいます。 昔住んでいた、アメリカ北東部にも多いですが、サンフランシスコも多いです。
      アメリカも短いとは言え、歴史があるので、知ると面白いですよね。

      削除
  2. nobikunJです。
    そうそう、アメリカの小説を読んでいるとバーのシーンが出てくるのですが(そんな小説ばかり読んでいるものですから 笑)、まさにこんなイメージですね。いいな~、こんなお店が近くにあったら毎日通っちゃいそうです。看板のジョークもさすが、です。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。 
      人が良さそうな、でも、ちょっと荒っぽいおねえさんが、バーテンダーです。 皆、ビール飲みながら、スポーツを見たり、おしゃべりしたりして、帰って行きます。 看板のジョークは、さすが、アメリカンですよね。 

      削除