3/07/2016

アメリカのなまけもの主婦のお友達ピザ

会社員生活をしているわけでもないのに、日曜日が来るとやる気が起きません。長年の習性です。

アメリカにはサンデーブランチという素敵な言葉もあります。日曜日は寝坊して、のんびりと食事に限ります。

この週末のサンデーブランチはイタリアンにしました。Yountville町にあるRedd Woodというイタリアンです。 

最近なまけもの度に拍車がかかっている私は、ランチ時にワインを飲んでしまうと、その後のディナーの用意をするのが面倒になります。

そこで一案。

そのイタリアンレストランでピザをオーダーして、


これを持ち帰って夕食とするのです。 

以前はピザを夕食として食べることには抵抗感がありましたが、最近は全然平気になっています。

背に腹は代えられぬ、でしょうか、、、楽するためにはピザでも大丈夫です。

多くのアメリカ人はピザが大好きです。わが夫も例外ではあく、ピザの夕食でも全く不満を言いません。 

むしろ、得体のしれない日本食を食べさせられるよりは、ピザの方がましと思ってます。

そして、たぶん私が怠けているとも思っていません。

ピザはアメリカのなまけもの主婦には不可欠なものなのです。でも、毎日ピザ注文にすると、なまけものであることがばれてしまいます。

適度に注文することがポイントです。



2 件のコメント:

  1. きぶたです。昨日の記事のクラムチャウダーがとても美味しそうで、食べたいです。今日のイタリアレストランの記事のアペタイザーのチーズとサラミ、生ハムのプレイトがとても美味しそう、ワインにぴったりですよね。 ワインが止まらなくなりそう。どっかに出かけたら、夜ご飯の用意をするのが面倒になるのがわかります。
    アメリカ人の旦那さんが、夕食をテイクアウトにしても、全然何も言わないのは、いいですね。 日本人の旦那とは、やはり感覚が違うと思います。

    返信削除
    返信
    1. クラムチャウダー、美味しかったです。 チーズとサラミのプレートは、人気みたいです。 ほんと、ワインが進んでしまいます。
      わが夫は、食べることが好きですが、標準が高い訳ではないので、なんでも大丈夫なのです。 日本人のご主人ですと、ピザは???ですね。 でも、簡単に、おにぎりとか、どうでしょうか。

      削除