3/21/2016

元銀行のレストラン

レストラン巡りを趣味としていますが、たまに遭遇するのが、元銀行の建物を改装してレストランとして利用していることです。

アメリカ東海岸に住んでいた時は、ニューヨークやフィラデルフィアで、そのようなレストランに数回行ったことあります。

元銀行の建物って、とにかく重厚な造りです。 なにせ銀行ですから、その昔の潤っている時代に、多額の費用をかけて素晴らしい建物を建築したと考えられます。 

しかも、物騒な国ですので、頑丈に作る必要もあるわけです。

アメリカだけでなく、日本でも元銀行の建物がレストランやバーとして使われているところがありますね。 その昔、小樽で見たことあります。 小樽って風情があって、素敵な街ですね。

前日行ったナパのレストランも、元銀行の建物でした。 


First National Bankという名前が残っています。 このビル、1916年に建てられて、100歳を迎えたビルです。

中に入ると、すぐに元銀行であったことがわかります。 なぜなら、天井が高く、バルコニー(オフィサーの部屋)があるのです。 ユニークな造りです。


そして、よく見ると、中央奥の方には、オリジナルの金庫室が残っています。

このレストランは、金庫室をプライベートダイニングとして使っています。 その名も、The Vault Room(金庫室)です。

私は、もちろん建築の専門知識はないのですが、このような昔の建物を見るのが大好きです。 

ナパ界隈ではあまり見かけませんが、都市部ではもっと多いと思います。

料理やサービスだけでなく、様々な角度から見ると、レストラン巡りって、辞められませんね。

このナパのイタリアンレストラン、Ristorante Allegriaのレビューは、(記事はこちら)です。 

4 件のコメント:

  1. きぶたです。元、銀行をレストランにしたんですね。元々の建物の作りがとてもお金をかけて作った建物のようなので、地震があっても大丈夫そうですね。そして、おしゃれに使っていますね。どこの国もそうだと思うけど、昔の方がいい素材を使って贅沢に家などを作っていますよね。 料理もとても美味しそう。

    返信削除
    返信
    1. そうですね、地震には強そうですね。
      本当に、昔の作りはいいです。 メインテナンスは大変そうですが。
      古くて小さい家を買って、可愛く改装したいという気持ちがあります。

      削除
  2. 東京も、丸の内にかつて三菱銀行の営業室だったところをカフェにしたお店があり、今の建物にはない重厚感がいっぱいです。並ばないと入れないのが難ですが。昔の建物は細部まで手がかかっていますよね。

    返信削除
    返信
    1. やっぱり、そうですか。 銀行の建物って独特な雰囲気がありますよね。
      丸の内のカフェ、ぜひ行ってみたいです。
      昔の建物を見るのは大好きです。 家も好きですが、住むとなったら、
      色々不都合なことがありそうです。

      削除