3/16/2016

スタッフドフランクステーキ

この日はいつもとは違う料理に挑戦してみました。

アメリカのスーパーで、Flank Steak(フランクステーキ)と呼ばれる牛肉部位を販売しています。日本語では脇腹肉みたいです。

比較的安価な部位なので一般家庭では人気です。但し、ちょっと歯ごたえがあるので、マリネしてから焼くのが一般的です。私も過去マリネしてからグリルで焼きました。

義母はこのフランクステーキを違う方法で調理していたので、私も真似してみることにしました。

最初にフランクステーキを肉叩きで平たくします。


この中に何かを詰めて丸めます。


さて、何が入っているでしょう?

フライパンで外側を焼いてから、オーブンに入れます。約30分位で出来上がります。


カットすると中身がわかります。


ハム、チーズ、ビーツリーフ、オニオンが入ってます。


この後、肉ジュースを使って、ソースを作る予定でしたが、面倒になったので、そのままいただくことにしました。塩・コショーのみの味付けです。


ステーキなので、カベルネソーヴィニョンを用意しました。


ナパバレーのカベルネとステーキの相性はぴったり、お肉が思ったよりも柔らかく出来上がりました。

フランクステーキの中身は何でも好きなものでよいと思います。とろけるチーズを入れすぎると横からはみ出してしまいます。でも、少し焦げたチーズが美味しかったりします。

少しヘビーですが、外側にベーコンを巻くと、より風味があって美味しいです。



2 件のコメント:

  1. きぶたです。フランクステーキは、今まで、硬いイメージがあって、料理をしたことがありませんでした。 この料理は、とても美味しそうだし、豪華な感じがするので、来客があった時などいいですね。今度トライしたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、
      確かに、フランクステーキは硬いので、肉叩きでボンボン叩きました。 結果、意外と柔らかくなります。 中に色々詰めると、楽しいですよね。 Stuffed Flank Steakでグーグルと、たくさんレシピが出てきます。 ぜひ、トライを。

      削除