3/01/2016

焼くだけピザの落とし穴

私の弱小ブログの引越しなんて、大変なことではないと思いました。 ところが、ITスキル不足で、色々と格闘しております。 そんな状況で、昨日は料理をする時間もありませんでした。

近くのスーパーで、焼くだけのピザを買ってきました。 既に焼いてあるピザではなく、冷凍でもないピザです。 


家で焼くだけなので簡単、そして、焼きたてのピザは、味も冷凍よりは美味しいに違いない、と思いました。

ところが、ここに落とし穴があったのです。

このピザ生地が下の紙皿から、なかなか離れないんです。 格闘して、やっとオーブンに入れました。 焼くこと15分、出来上がりは。


楕円形になってしまいました。 それに、焼きすぎ?

それでも、味は焼きたてだったので、それなりに美味しかったです。

これに加えて、サラダとワインを用意しました。



既に出来上がっているピザや既に固まっている冷凍ピザの方が見栄えは良いです。 味は良かったけど、次回このタイプのピザは買わないと思います。 ちょっと、面倒な作業でした。

(追記:この件は後日誤解であると判明しました。こちら


今回ブログの引越しを一応終えて、ちょっとだけ家の引越しも考えてみました。

ナパバレーに来て2年ちょっと、今は、このワインカントリー生活を楽しんでいますが、この地でずっと生活するとは思えないのです。 いつかは、どこかへ引越しすることになると思うのです。 サンフランシスコ、アメリカ北東部、或は東京?

日本には倉庫に眠っている家具・荷物もあり、いつかはそれを出さなければいけません。 私のように日米間の引越しを2回もしていると、何がなんだかわからなくなります。

例えば、健康保険はアメリカで加入していますが、年金は日本で加入しています。 でも、年金受給の時が来たら、日本の国民保険にも加入しなければいけないでしょう。

アメリカのソーシャルセキュリティ(政府年金)は、アメリカで働いていた年数が足りないので、(ちょっとだけ払っていましたが)受給資格がありません。 でも、夫に万が一の場合は遺族年金がもらえるみたいです。

これに国籍選択が関わると、もっと複雑になってしまいます。

でも、この自分で招いた複雑な課題は、認知症予防になるかもしれません。

何事も、ポジティブに考えます。



0 件のコメント:

コメントを投稿