2/24/2016

ポータベラ茸の和風ステーキ

ひとりごはんの2日目です。

まずは、ひとりでも、ワイン! 


さわやか、飲みやすいシャルドネです。

この日のメニューは、ポータベラマッシュルームのステーキです。 


ポータベラは肉厚なので、ステーキとして最適です。  お隣に、クレソンを添えました。

ヴェジタリアンメニューなので、ちょっとパンチを効かせるために、ハラペーニョペッパーも一緒に焼いてみました。 ちょっと辛くて美味しかったです。

そして、このステーキのソースは、日本風のおろしポン酢です。 


薬味として乗っているのは、ガーリックねぎです。 初めて見ましたが、日本のねぎのような形をしていて、にんにく味がします。 結構、匂いきついです。 しょうがと柚子胡椒も添えてみました。

夫の叔父さんの葬儀は、滞りなく終了しました。 あと、2日、義父の故郷を楽しむようです。

夫は、義父の仕事の関係で、ペンシルバニア州、テキサス州、フロリダ州、ニューヨーク州に住んだことがあります。 でも、これ転職とか転社ではなく、社内転勤でした。 大学卒業後入社した会社に、定年までいたのです。

よく、アメリカ人はキャリアアップを求めて、転職(転社)すると言います。 そういう人も多いです。 でも、そうでない人も多いです。

夫の家族を見ると、皆、会社への忠誠心があり、レイオフとかない限りは、そう簡単に仕事を変えたりはしません。 夫もそうでした、勤続40年ちょっと、同じ会社にいました。 私の方が、転職回数多いです。

アメリカ人だから、日本人だから、ひとくくりに考えるのは間違いです。 ステレオタイプというのも存在していますが、結局は個人です。

あと、2日、1人と一匹です。

0 件のコメント:

コメントを投稿