2/21/2016

消えてしまった生卵ラーメン

昨年行ったナパのレストランの中で、既に6件が消えてしまいました。

アメリカの統計によると、約90%のレストランが、オープン1年以内に運営に失敗しているらしいです。 すごい数字です。 私も、以前ホスピタリティ業界に身を置いていたので、よくわかります。 レストランビジネスで成功することは、そう簡単なことではありません。

でも、たくさんの人たちが、熱意をもって挑戦するのは、良いことだと思います。

ナパダウンタウンのメキシコ料理店、Don Pericoは、昨年この場所に引っ越してきました。


そして、メキシコレストランがこの場所に来る前には、ここに日本&韓国料理店がありました。 

そのレストランに、一昨年に一度だけ行ったことあるのです。 なぜなら、ラーメンがあると聞いたからです。 ラーメン好きなので、楽しみにして行きました。

でも、ショックでした。 二度と行かないと思いました。 

なぜなら、ラーメンに生卵が乗っていたのです。 許せませんでした。

アメリカの生卵は、信用できません。 しかも、グツグツと煮立っているチゲとか、石焼ビビンバに乗っている生卵ではありません。 普通のラーメン鉢に落とされた生卵でした。

生卵は一切食べない私なので、調理してくれるようお願いしました。

きっと、いやな客だと思われたでしょう。

でも、私だけでなく多くのアメリカ人客、あんなラーメンは食べられないと思うのです。 当時、もう既にラーメンブームだったので残念でした。

生卵ラーメンが原因ではないでしょうが、レストランは、数か月で消えてしまいました。

現在のメキシコ料理店は、ずっと続いて欲しいレストランです。 

0 件のコメント:

コメントを投稿