1/23/2016

パールクスクス入りスタッフドペッパー

夫の大好物、スタッフドペッパー(肉詰めパプリカ、ベルペッパー)を作りました。

いつもと同じでは面白くないので、ちょっと中身の一部を変えてみることにしました。 アメリカの多くのレシピでは、お肉と一緒にライスも詰めます。

日本のピーマンは小さいので、ライスを詰めるのはむずかしいと思いますが、ちょっと大きいパプリカでしたら、ご飯を詰めることもできます。

そのライスの代わりに、パールクスクスを入れることにしました。 パールクスクスは、イスラエルのクスクスで、普通のクスクスより、ちょっと大きくて、弾力があって美味しいです。


牛肉、玉ねぎ、にんにく、ペッパー、そして、パールクスクスを炊いたものを、混ぜて中身を作りました。


味付けは、塩・コショー、クミンパウダー、トマトソースなどで調整します。

下茹でしたペッパーに、これを詰め込みました。 最後にトマトソースを少々垂らし、モッツアレラチーズを振りかけます。


オーブンで30分位焼いて出来上がり。


これ以外は前菜ボードとワイン。


あまり重くならずに軽めの夕食になりました。 普通のクスクスとかキヌア等を入れても美味しいと思います。

もうすぐバレンタインなので、レストランやショップは、それらしきものを売り込んでいます。 サンフランシスコのお洒落なレストランの予約しようと思いましたが、14日は、予約で一杯ですので、あきらめました。


0 件のコメント:

コメントを投稿