1/13/2016

ワシントン産のダンジェネス蟹

夫の食あたりの後、微妙に、私にも体調不良がありました。 夫ほど、ひどくはなかったのですが、わずかながらの吐き気と神経痛のような痛み。 もしかしたら、やはり何らかの食べ物が問題だったような気がします。

でも、お互いに回復しているので、家で簡単料理でもしようと思い、Whole Foods Marketに出向いてみました。 久しぶりに来て、このMarketに入ると、独特の匂いを感じます。 これは、他のスーパーにはない、匂いです。

ここで、魚売場を通り過ぎようとしたら、どうしても食べたいものが目に入ってしまいました。

ダンジェネスクラブ(蟹)です。 今シーズン、サンフランシスコ界隈では、この蟹の安全性が確認できず、販売されておりません。 蟹好きな私は、とても残念です。 従って、現在、販売されている蟹は2種類。

左が、問題発生する前に冷凍した蟹を解凍したもの。 右が、ベイエリアではなく、ワシントン州産のフレッシュな蟹です。

魚売場のおにーさんに確認すると、そりゃ~~ワシントン産の方がフレッシュでうまいよ~~と言うので、右のワシントン産ダンジェネスクラブを買ってしまいました。

買ってから、よくよく考えると、いくら安全確認されている蟹といっても、食あたりの後で大丈夫かしら、と心配になりました。 

準備万端


アペタイザーとして、最高ですね。 レモン、そして、ポン酢と一緒に。

ワインは、Beringerのシェナンブラン2013と合わせて。


なかなか良いペアリングですが、蟹を食べると、身取りに忙しく無口になるだけでなく、ワインが進まなくなります。 体に良い、蟹!

これ以外は、軽いサラダと、こちら。



ガーリック、玉ねぎ、ソーセージ、じゃがいも、キャベツを炒めて、スモークパプリカ、塩・コショーで味付けしたものです。 ドイツxスペインみたいな料理ですが、名前はありません。

今のところ、この蟹の影響は人体に出ておりません。 ちょっと心配ですが、久しぶりの蟹で、とても美味しかったです。 

この後、殻をぐつぐつ煮込んで、出汁までとってしまいました。 お味噌汁にするとおいしいですよね。

ところで、せっかく買ったものでしたが、食あたりの原因かもしれないと思われた、卵とベーコンは全部処理しました。 

食べ物を捨てるのは、勇気が要ります。 米粒ひとつでも(いつの時代の人?)です。 でも、仕方がないですね。

今回、唯一良かったことは、愛犬になんら症状が出なかったことです。 もし、愛犬が、嘔吐・下痢したら、大変なことになるからです。 

特に、嘔吐すると、肺炎を引き起こす可能性があります。 最近、安定していますが、ちょっとしたことで、大事になる可能性はいつでもありますので、不幸中の幸いでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿