12/21/2015

アメリカのエッグロール

この日の夕食は、エッグロールです。 エッグロールって何? 


これです。 スプリングロールと呼ばれる春巻きのように見えます。 春巻きとの違いは、皮に卵が入っているので、エッグロールです。 そして、その皮が春巻きに比べると厚いので、ヘビーな食感です。

エッグロールは全米のいたるところにある中華料理店で、$1-2(200-300円)位のお手頃価格で簡単に食べられます。

ロールの中身は、なんでもOKです。 お好きなものを入れて、巻いて、オーブンで焼いたり、揚げたりします。

私は、冷蔵庫にあった、豚ひき肉、人参、白菜を、たっぷりのねぎとしょうがで炒め、塩・コショー、醤油、オイスターソースで味付けしました。


冷ましてから、ラッピング。 巻いて、巻いて、巻きます。


たくさん出来ました。 この後、揚げたものがこれです。


表面は春巻きに比べると、滑らかではなく、ブツブツしています。 

ペアリングワインはEtude Pinot Gris 2014 軽めのピノグリです。


多くのアメリカ人は、エッグロールにダックソース(オレンジソースとかプラムソースとも呼ばれる、甘酸っぱいソース)をつけて食べるようです。 でも、私は、ダックソース嫌いなので、春巻きのようにポン酢(お酢と醤油)と辛子を少々使って、いただきました。 

この後、エッグロールラップと呼ばれる皮が余ったので、他のものも巻いてみました。 

前日のステーキハウスで食べきれなかったステーキを細切りにして、チェダーチーズと一緒に巻いて、揚げるのではなく、オリーブオイルを軽くぬって、オーブンで焼いたものがこちら。


こちらの方が、春巻きのように見えます。 なかなか美味しい出来で、前菜、フィンガーフードとして、アメリカ人にうけると夫が言ってました。 

この日も、ご近所さまから、メリークリスマス手作りお菓子をいただきました。 


ちょっとしたギフトなのですが、お洒落。 こういうセンスって、そういう環境の中で生まれ育たないと、そう簡単には育たないような気がします。 

クリスマスデコレーションとかもそうですが、生まれた時からその環境にいる人と、西洋に憧れて、がんばってやってみるアジア人とは、何かが違うような気がします。 偏見かもしれません。

私は、自分のバックグランドを理解して、無理をせず、それなりに生活しようと思います。 

なので、この時期、ギフトには「お歳暮」のし紙をつけたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿