12/18/2015

スパゲティミートボール

この日の夕食は、子供も大人も大好き、スパゲティ ミートボールです。 

スパゲティandミートボール、スパゲティwithミートボールとも呼ばれています。 アメリカでも人気の家庭料理です。


最初に、時間のかかるマリナーラソース(トマトソース)を作ります。 

玉ねぎ、にんにく、トマト缶、オレガノ・バジルなどのイタリアンシーズニング、砂糖、塩で味付けして煮込みました。


煮込みの間に、ミートボールを作ります。


玉ねぎ好きなので、玉ねぎを少々入れ、後は、ブレッドクラム、ミルク、卵、塩・コショーで味付けして、ボールを作りました。 1個30gです。 几帳面なので量っています。

フライパンでボールを焼きました。


十分煮込んだマリナーラソースの中に、ボールを入れます。


再び、30分位煮込みます。

ここでワインをオープン


Castello di Amorosa Sangiovese 2012 スパゲティミートボールとかボロネーゼソースには、このサンジョベーゼに限ります。 

サラダを作ります。 スーパーでセールしていた、キウイが入っています。


スパゲティを茹で、そして、ミートボールソースを盛り付けます。


この日のメインイベント(?)は、このチーズ2種類をたっぷりかけることにあります。


左は、いつも使っている、簡単にパルメザンチーズと呼んでいますが、正式な名前は、パルミジャーノ・レッジャーノ(Parmigiano-Reggiano)です。 

そして、右は、ペコリーノ・ロマーノ(Pecorino Romano)です。 ダブルチーズでいただくと、最高です。

食卓に、キャンドルを飾って


前日の石狩鍋も美味しかったけど、こちらが、ワインカントリー家庭料理の雰囲気です。

テーブルに、いただきものがのっています。


近所の方から、メリークリスマスの手作りパン。 

クリスマスの時期、クッキー、ケーキ、パンなどを手作りして、近所におすそ分けしてくれる人たちがいます。 

アメリカの古き良き風習を引き継いでいる人たちがいるのは、素晴らしいことだと思います。

殺人事件やテロリストとかばかりがメディアに取り上げられるアメリカ社会ですが、一方で、本当に心温まる話もたくさんあるのです。 

そういうことに触れなければ、この国で、これまで生活できなかったと思います。

そろそろ、私もクッキーでも焼いて、お世話になっている方にご恩返しを、と思うのですが、私、ダメです。 お菓子作り、苦手です。 

0 件のコメント:

コメントを投稿