12/17/2015

極小クリスマスツリーと石狩鍋

我が家もやっと、クリスマスツリーを飾ることができました。 と言っても、毎年、この右下の極小ツリーです。


観葉植物の鉢程のサイズで、ポインセチアよりも小さいです。 床の上に置くと、老夫婦の腰を痛めてしまう可能性が高いので、サイドテーブルの上に置きます。


かわいいオーナメントもあります。 でも、ツリーが小さすぎて、飾れません。

このツリーを毎年、13年間飾っています。

そろそろ、来年あたり、このレベルにアップグレードしたいものですが、


そんな、大きな屋敷も、財力も、体力もないです。(↑Beringer Vineyardsのツリーです) 極小ツリーが、身分相応というものでしょう。

この日の夕食は、石狩鍋です。 ナパバレーも寒くなってきて、お鍋が欲しい今日この頃。


日系スーパーに行かなくても、アメリカのスーパーの食材だけでできるお鍋です。

お鍋の具材は、白菜、じゃがいも、玉ねぎ、豆腐、舞茸、ねぎ、そして、サーモンと生牡蠣です。 

最初、出汁にねぎ以外の野菜と豆腐を入れ、その後、酒、みりん、みそで味付けをしてから、鮭を入れました。


最後に、生牡蠣を入れます。


ねぎを散らして、いただきます。

ペアリングのワインはNapa Cellars Chardonnay 2013 シャルドネです。


石狩鍋とワインの組み合わせ、色々考えました。 お味噌が白みそなので、白のシャルドネを選びましたが、赤みそだったら、赤のピノノワールの方が良いかもです。 

生牡蠣はあっさりしていますが、鮭は脂がのっているので、他の食材との組み合わせで、白でも赤でもいけるような気がします。

クリスマスシーズンのナパバレーのイメージとはかけ離れた料理です。 でも、夫は、こういう料理が大好きです。 最後は、雑炊(おじや?)まで、しっかり食べていました。 

おいしい冬の食卓。

0 件のコメント:

コメントを投稿