12/14/2015

クリスマスカードとティラピアのフライ

この時期が来ると、日本では年賀状を用意しますね。

アメリカでは年賀状(A Happy New Year)の意味も含めた、ホリディカードが一般的です。 早い人は、12月初旬には郵送しますので、我家も既に数通いただきました。

色々な宗教の人がいますので、ホリディカードとか、シーズンズグリーティング(Season's Greetings)とか言ってますが、要はクリスマスカードです。

日本の年賀状も徐々に郵送する人や数が少なくなりつつあるようですが、アメリカも同様、ホリディカードを郵送する人や数が少なくなっています。 

でも、我家は、昔気質の夫なので、毎年、結構な数のクリスマスカードを郵送しています。

ナパに引っ越してきてからのクリスマスカードです。 1昨年のカードは、こちら。


昨年は、こちら。


一見、愛犬のように見えますが、これらは愛犬ではなく、ヨーキーサンプルから選びました。

今年は、ついに実際の愛犬の写真を使い注文をしました。 クリスマスにはお見せできると思います。 こんなことにお金を使っている、趣味は愛犬の夫婦です。 

でも、このカードは意外と評判がよく、毎年楽しみにしている人が多いのです。


では、この日の夕食です。

まずは、ワインをオープン。


Beringer Chenin Blanc 2013 お手軽価格のこのワイン、かなり軽くて、ジュースみたいに飲んでしまいました。

おつまみを用意。


ワンプレート夕食です。 内容は、


ティラピアと呼ばれる、お手頃価格の白身魚のフライです。 この魚、ちょっと泥臭い時があるので、お酒、塩、レモンを使って、下処理してみたところ正解。 美味しく出来上がりました。

自分で作ったタルタルソースを添えます。 ご飯は、バスマティライスとワイルドライスを半々で炊いて、市販のロースト栗を入れてみました。 付け合わせはスイスチャードのソテーです。

クリスマスカードの次は、プレゼント選びです。

0 件のコメント:

コメントを投稿