12/01/2015

いよいよ12月ホリディシーズン

ついに、ここアメリカも12月に入りました! 本格的なホリディシーズンです。 町のいたるところで、クリスマスデコレーションも現れてきています。


そして、この時期はショッピングのシーズンでもあります。 何となく、何か買わなければいけないような気になり、無駄遣いをしそうになります。

私は、基本人ごみが嫌いなので、食料品・衣類以外の買物はほとんどオンラインです。 普段からサイバー・ショッパーなので、この時期が来ると、山のように商品カタログが送られてきます。

でも、自分自身への物欲があまりなく、家族のクリスマスプレゼントを選ぶだけなので、お店にとってはありがたいショッパーではないです。 夫も、昔気質のクリスチャンなので、彼自身への物欲はほとんどありません。

食欲はあっても物欲のない夫婦が、この時期より深く考えるのは、ショッピングよりも、寄付(Donation)です。 

12月に入ると、寄付をお願いする手紙・メール・電話、そして、街頭呼び込みから直接家庭訪問まで、どんどん増えてきます。 これは、大晦日まですごい勢いです。 

その内容は淡々と事務的なお願いから、涙なくしてはいられない不幸話(作り話も混じっていたりする)を含んだお願いとか、本当に色々あります。

その多くの要望の全てに答えることはできませんので、どの団体にどの位の寄付を考えます。 そして、金銭だけでなく物品も寄付できるのは便利です。 断捨離ができる上、税金控除も利用できます。 

なので、アメリカの多くの家庭が協力するのではないかと思うのです。

私たちも、できるだけ協力したいと思うのですが、我が家の今年はかなり控えめになりそうです。 なぜなら、今年は大変大きな出費がありました。 

愛犬の3度にわたるICU入院・治療代です。 難病のわんちゃんを抱えると、大変です。 でも、家族(以上)なので、そう簡単に諦めることはできません。

でも、医療費は愛犬だけでなく、夫と私の分も、それなりの出費です。 アメリカの医療サービスは素晴らしいと思うのですが、どんどん高騰している医療費とより複雑化する保険制度。 日本の医療制度と比べて、どうなんでしょうね。

何はともあれ、健康が一番大切であると実感します。 

ショッピング、寄付、家族、健康、家計、等々、フード&ワインのお気楽主婦も、人生を考えるシーズンです。

Happy Holiday!

0 件のコメント:

コメントを投稿