11/08/2015

意外と簡単そして美味しいボルシチスープ

寒くなってくると煮込み料理が増えてきます。 ウクライナ、ロシア、ポーランドなど、東ヨーロッパの伝統的スープ、ボルシチを作ってみました。 

始めて作る料理です。



有名な料理なので色々なレシピが存在しています。 基本お肉を使わなくても良いみたいですが、お肉好きなので牛肉を入れます。 

お肉を入れることにより、より煮込み時間が必要になります。 忙しい主婦(夫)は、圧力鍋やスロークッカーを使ったりしますが、私は家に居る時間が多いので、数時間かけてコトコト煮込みました。

まずは、そのお肉を柔らかくするための、煮込みを始めます。



この牛肉を柔らかくするためには2時間煮込みは必須です。 これを塩・コショー、そして、少々の小麦粉をまぶして焼きます。


両面を軽く焼いた後、赤ワインを少々入れます。 多くのレシピはワインを使いません。 これは、単純に私がワイン好きなので入れただけです。


この後、市販のビーフブロス、トマトペースト少々、ベイリーフを入れて、煮込み開始です。


弱火で約1時間ほっておきます。 その間に野菜をカット。


玉ねぎ、人参、セロリ、じゃがいも、にんにく、キャベツ、そして、ビーツです。 野菜は、あるもの何でも入れたらいいと思います。 でも、ビーツは重要ですので、外せません。 私は、ビーツを大き目にカットしましたが、小さく切るレシピが多かったです。

1時間後のお鍋です。



この中に、野菜を投入です。 たぶん、玉ねぎとか一度炒めた方が良いと思うのですが、面倒なので、そのまま入れました。


塩・コショー、トマトペースト少々、レモン汁で、味付けをします。 

暫くすると、野菜が落ち着いてきました。


ビーツの鮮やかな赤が良いですね。 再び、弱火で1時間から1時間半煮込みます。

やっと、この時間です。



Rutherford Hill Merlot 2012 このワイナリーのメルローは人気があります。 牛肉煮込みスープに合わせてみました。

前菜のプレートもあります。 定番のチーズに加えて、野菜スティックを用意。



野菜スティックには簡単にできる味噌ヨーグルト・ディップソースが美味しいです。

TVを見ながらワインを愉しみます。 そして、そろそろ、スープが出来たかな。



盛り付けは、サワークリームを入れ、パセリを散らしました。


サワー(酸味)が重要なようです。 

ボルシチは
お肉が入っていたり、入っていなかったりする、野菜スープです。 野菜だけでしたら、時間かけなくても簡単にできます。 そして、とても美味しいです。 

自分で作ってみて、何がこのスープを有名にしているのか、よくわかりました。 ビーツです! ビーツが入ることにより味に深みが出るのです。 ビーツって、本当に美味しいです。 サラダも良し、ローストも良し、そして、スープも格別に良し、優良野菜です。

こんな美味しい野菜を、ずいぶん長く食べていませんでした。 

理由は、今から23年前にさかのぼります。 アメリカの大学のカフェテリア・サラダバーで、端の方にあったビーツを食べたら実にまずかったのです。 何やら、土臭い感じで、おえ~と思いました。 今から考えると、あれは缶詰のビーツだったのです。 

その後ずっと食べていませんでした。 でも5年位前に、レストランで頼んだローストビーツが入ったサラダを食べたら、何これ、すごい美味しい! それから、自分でも調理するようになりました。

そういうことって、ありますね。 シラントロ(パクチー、コリアンダーともいいます)なんか、最初食べた時まずいと思いましたが、今や大好きな野菜です。 


子供の頃嫌いだったものが、大人になって美味しいと感じることも多いです。 

食べることって、とっても楽しいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿