11/27/2015

感謝祭ターキーディナー

無事、感謝祭のターキーディナーを終えることができました。

夫がローストした、7キロのターキーはこちらです。


約4時間かかりましたが、それなりの出来です。 

これ以外の料理はこちら全員集合。 


角度を変えて、


私が料理したグリーンビーンズ・キャセロールです。


そして、ヤムマシュマロ。


クランベリーソース、ビーツサラダ、芽キャベツのローストはお客様にお持ちいただいたものです。 そして、お客様には、何とターキー・ジュースとストックを使って、グレービーソースを作っていただきました。

いつものテーブルが料理でいっぱいなので、普段はあまり使うことのないダイニングルームで食事です。


テーブルセッティングは得意ではありません。 慣れていないので、キャンドルに火を灯すのが遅れてしまいました。

お料理を取って、こちらで頂きます。


サラダとパン


このディナーのワインは、


最初にCodorniu Napa Carneros ちょっとお洒落なスパークリングワインで🍻! 

Happy Thanksgiving🍷 

次はNapa Cellars Pinot Noir 2013


ターキーには何があっているのか、調べました。 赤ワイン好きな人にはピノノワールがお勧めということです。 白ワインでも良いみたいです。

最後にデザート。


美味しい感謝祭ディナーでした。

毎日、美味しく食べられることに感謝いたします。

ナパバレーに引っ越してきて3回目の感謝祭でした。 夫の家族は全員、カリフォルニアどころか、シカゴより東部に住んでいます。 なので、この3年、夫とふたりでこじんまりとディナーをしておりました。 

しかしながら、私たちも、そろそろ、感謝祭ターキーディナーをリタイアしようと思っています。 2人+1匹ですので、伝統的な料理をたくさん作るよりも、簡単にローストチキンとかローストビーフ、そして、付け合わせで良いかな。 

もう来年は自宅で作るターキーは登場しないかもしれません、見納めかも。


アメリカの多くの家庭では、この大変な料理の後、しばらく残り物を食べます。 主婦の人たち、しばらく料理しなくてよいので嬉しいようです。

我が家もしばらく残り物ですが、私、ターキーを何日食べ続けられるでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿