11/22/2015

シャンテレール茸リゾット

マーケットでカナダ産のシャンテレール茸(あんず茸)が安く手に入ったので、リゾットを作ってみました。 出来上がりです。


この料理には白ワインを使いますので、まずはワインをオープン


St Supery Dollarhide Semillon 2013 料理に使うワインは少量です。 後は、前菜と共にいただきます。

リゾットの他には、じゃがいもとなすのチーズ焼きです。



じゃがいもは軽く茹でて、茄子はアク取りの後、オリーブオイルで焼いておきます。 重ねて、トマトソースとモッツアレラチーズを乗せてオーブンへ。


リゾットの材料ですが、いつもは玉ねぎ、或は、エシャレットを使いますが、この日はリーキを使います。 



最初にバターで、リーキを炒め、次にシャンテレール茸も軽く炒めます。


この後、ライスを入れ、白ワイン、チキンブロスで炊いていきます。


味を整えて、パルメザンチーズとオリーブオイルで完成。


じゃがいもと茄子のチーズ焼きも出来上がり。


シャンテレール茸が思ったよりも濃厚です。 ベジタリアンの方たちには、お肉の代わりになります。 私はきのこ大好きなので、シャンテレール茸もたまに買いますが、少々高いきのこです。


昨日、IRS(アメリカの国税庁にあたる)から書留書類が2通来ました。 書留ですよ、こういうの来るだけで、心臓に良くないです。

開けてみますと、2通とも同じ内容、2013年度税金不足分、な、な、なんと、たった4ドル(500円くらい)の請求書。 この4ドルのために、書類作成代、郵便料金、人件費と、いくらかかっているのでしょうか? さすがは連邦政府、やることがすごいです。

しかも、2013年度の税金に関しては、夫が、既にIRSと手紙と電話で何回もやり取りをしていて、4ドル請求も間違いらしいのです。 どういうことでしょうか。 

私たち、毎年、IRSからお手紙いただいております。 どうかひとつ、きちんと税金を納めている善良市民を、これ以上ターゲットにしないで欲しいです。

なんだかんだと、人生色々あります。


0 件のコメント:

コメントを投稿