11/14/2015

ホリディストレス

パリでは、大変なことになっています。 この時期に、こういう事が起きると、楽しいはずのホリディシーズンが台無しになります。

でも、このような恐ろしいことが起きなくても、ホリディシーズンには、幸せと不幸が入り乱れる時期であると思うのです。

家族や恋人、愛する人たちに囲まれて、幸せな時を過ごす人も多い一方で、より悲しんだり、落ち込んだりする人も多いのが、この時期です。 


アメリカでは、ホリディストレス或いはディプレッション(Depression)を抱える人が結構います。

おそらく、多かれ少なかれ、皆ストレスが溜まるのがこの時期なのです。 

このストレスとは、クリスマスデコレーション、ホリディカード、プレゼント、(アメリカならではの)チップ、金銭負担、会社・友人・近所のパーティ、帰省、交通渋滞、ホリディ料理、自分の家族vs義理家族、家族と過ごす時間等々、たくさんあります。

アメリカの家庭は楽しそうに見えても、内情はわかりません。 日本の家庭もそうかもしれませんね。

私も、もちろん、この時期ストレスが溜まります。 夫の家族にプレゼントを選んだり、感謝祭やクリスマスの料理を考えたりするのはストレスでもあります。 でも、最近は、このストレスが少なくなってます。

なぜなら、楽しそうに見えるアメリカ人でさえも、皆ストレスを感じていることがわかったからです。 


私だけではない、と思い始めました。 以前は、私は外国人、日本人だから、ストレスを感じると思っていたところがあったと思います。 

古今東西、状況はそれほど変わらないと思うと、ほっとします。


0 件のコメント:

コメントを投稿