10/28/2015

味噌風味のポークチョップ

赤身肉の発がん性話題の後ですが、気にせず食べます。 今さら急に食生活変更する気はありません。

この日のメニューは、赤身肉の代表格、豚肉、ポークチョップです。



ちょっと和風に、味噌を使って漬け込んだポークを焼いたものです。

マリネは、白みそ、みりん、酒、はちみつ、レモン汁、そして、しょうがのすりおろしを使いました。



漬け込むこと5-6時間。 マリネ液の塩加減に応じて、一晩漬けても良いかも。

外のグリルを使って、後は焼くだけです。 その前にサラダを用意。



海藻サラダです。 Whole Foods Marketで購入した乾燥した海藻を水で戻して、きゅうり、セロリ、オニオン、パプリカ、パクチー、そして、トマトと一緒に。 前日の残り物のタコのグリルをのせます。

そして、ワインはLarson Family Winery Pinot Noir 2013、ピノノワールとポークの組み合わせは、私の好きなペアリングです。



ワインを片手に、グリル開始。


アルミホイルに入っているのは愛犬用のポーク。 そういえば、赤身肉の発がん性は、わんちゃん達にも通じる話なのでしょうか。


加工肉をわんちゃん達に食べさせるのは良くないと思うけど、赤身肉自体は悪くないような気がします。 何が入っているかわからない、あやしいドッグフードよりは、全然ましでしょう。 

付け合わせは、チャードを塩・コショーだけで炒めたもの、そして、ご飯。


加工肉や赤身肉の発がん性の話よりも、最近サンノゼのレストランで発生した赤痢の方が心配です。 患者増えています。 

このお店に限らず、衛生面で問題のあるレストランって多いと思います。

その昔、レストランの厨房(キッチン)見学したことありますが、とっても有名なレストランの厨房が吐き気がするほど汚かったです。 もちろん、ピカピカにきれいな厨房もありました。  

レストランで食事するのは楽しいですが、ちょっと考えちゃいますね。


0 件のコメント:

コメントを投稿