10/23/2015

コロノスコピー前の絶食

ハウスゲスト滞在中ではありますが、大腸内視鏡検査(Colonoscopy)のため、これから病院へ行きます。

3年前に検査しているので、今回は2回目です。 前回の検査でポリープがひとつ見つかり、3年毎に検査するよう言われました。 しかも、親族に大腸がん・直腸がんの経験者もいるので、この検査は避けられません。

夫も、同じ時期に検査したのですが、全く問題ないので10年間検査の必要なしということでした。 

前回は、フィラデルフィア市内の大学病院で検査を受けました。 その時は大腸だけでなく胃内視鏡検査も一緒にしました。 検査自体は超簡単です。 


なぜなら、軽い麻酔を使いますので、寝ている間に終わってしまいます。 今回は、大腸だけですので、もっと簡単だと思われます。 

この検査よりも大変なのは前日の絶食です。 空腹で倒れそうになります。 幾つかの飲み物だけは許されますが、もちろん、アルコールはだめです。 食いしん坊の私にとっては、とても辛いことです。

そして、代わりに飲まなければいけないのは、これです。




腸管洗浄剤です。 前回よりも味がまずくて吐きそうになりました。 今回は2回に分けて、12時間以上もかけて洗浄しますので、前回よりもきついです。

早く終わって、美味しいものを食べたい!

こうなると、お肉やお魚がないベジタリアン料理、などと贅沢なこと言ってられません。 食べられることって、本当に幸せなことなのですね。

この状況下、ハウスゲストと夫は美味しいものを食べに出かけました。 そして、こんな画像を送ってきました。




Napa Smith Breweryのビール・テイスティングです。

行きたかった。 
明日、この失ったビールの取り戻しをしたいと思います。

3年に1度やってくる、絶食の日でした。



0 件のコメント:

コメントを投稿