10/20/2015

鮭のちゃんちゃん焼き

以前、鮭のちゃんちゃん焼きを作ろうと思って材料を用意したのですが、肝心な味噌がなかったという失態がありました。 今度こそは万全を期して、鮭のちゃんちゃん焼き登場です。

鮭は、多くのアメリカ人が食べられる、数少ない魚の種類のひとつです。 でも、水銀が含まれているという話で、愛犬の食事としてはできるだけ控えるよう獣医から言われました。 

では、私たち人間はどうなのでしょうか?  まあ、夫も私も今さらなので、食べます。

出来上がりは、こちら。



初めに材料を用意しました。


鮭と、野菜はキャベツ、もやし、玉ねぎ、青ねぎ、ニンジン、しいたけ、エリンギ、そして、緑赤黄のパプリカです。 野菜たっぷりヘルシー食(水銀どこへやら)。

次にたれを用意します。 みそ2種類、みりん、はちみつ、酒を混ぜ合わせました。 いつも味見しながら、適当に配合します。 容量を計らないので、レシピが書けません。



そして、我が家にもあります卓上電気鍋、ホットプレート。 


ワインとおつまみ!


Grgich Hills Miljenko Selection Chardonnay 2013 最近リリースされたシャルドネです。 クラブメンバーですので、ちょっと特権があります。 

ちゃんちゃん焼きに合わせてシャルドネにしましたが、軽めの赤でもよいと思います。

ここで、酒の肴を用意。 オイルサーディン缶詰の利用方法を検索したところ、日本的な食べ方を見つけました。 

缶詰を開けて、にんにく、生姜、鷹の爪を入れます。



これを、そのままオーブントースターで焼き、出来上がったらねぎを散らします。


オメガ3体にも良く、手軽にできる酒の肴でおいしいです。 

では、ちゃんちゃん焼き開始します。


鮭を焼きます。



両面を軽く焼いたら、一度取り出し、次に野菜を入れます。


野菜の上に、鮭を乗せます。


蓋をして、しばらく。


最後に、味噌だれとバターを絡めて、出来上がり。


日本の家庭料理いいですね。 卓上電気鍋はあまり利用しませんが、これからの季節、使えそうです。

でも、実はこの鍋は日本製で電圧の違いがあります。 このままアメリカで使い続けると、いつ壊れるかわかりません。 



0 件のコメント:

コメントを投稿