10/19/2015

ハムとブロッコリーの本格的キャセロール

涼しさを感じる今日この頃、オーブン料理のキャセロールを作りました。 最近、ポットロースト、ミートローフと、アメリカのコンフォートフードが登場しておりますが、キャセロールも代表的コンフォートフードです。

本格的キャセロール、と偉そうに名付けています。 これは、単純にキャンベルスープを使わずにホワイトソースを作っただけの話です。 私、プロのシェフではありませんので、超本格的ではありません。 

でも、我が家では、私はエグゼクティブシェフというタイトルを持っています。 夫は、スーシェフ(副料理長)ではなく、ディッシュ・ウオッシャーです。 愛犬はVIPゲストです。

おうちで料理にいそしむ方(女性・男性問わず)、皆さまのタイトルは、エグゼクティブシェフであり、キッチンでは、絶対的な存在です。 お忘れなく。

では、その家庭内エグゼクティブシェフが作りました、ハムとブロッコリーのキャセロールは、こちらです。



自分としては、結構うまくいった料理です。

キャセロールの材料はこちら。



最初にホワイトソースを作ります。 バターと小麦粉を同量混ぜます。

ミルクで伸ばしていきます。


チーズ2種類入れました。 チェダーとモッツアレラチーズです。 塩・コショー、カイエンペッパーを少々入れ味を整えます。 ナッツメッグも入るといいと思います。



そして、この中に玉ねぎのスライスとハムが入ります。


玉ねぎをあらかじめ炒めると、甘味が出ていい味になると思いますが、私は、玉ねぎの食感を楽しみたかったので、そのまま入れました。

この後、マッシュルームとマカロニが入ります。


キャセロールディッシュに移し替え、硬めに茹でておいたブロッコリーを所々に入れます。



チェダー、モッツアレラ、そして、パルメザンチーズを振りかけます。


オーブンで約30分焼きます。


ペアリングワインはCastello di Amorosa Sangiovese 2012です。 チーズたっぷりのキャセロールなので、赤ワインにしてみました。 サンジョベーゼは飲みやすくて、おいしいです。


いただきます。


0 件のコメント:

コメントを投稿