10/30/2015

アメリカ料理のバーボンチキン

バーボンチキンはアメリカ料理です。 ジャズの街で有名なルイジアナ州ニューオリンズの、バーボン・ストリートからとった名前です。 そして、もちろん、この料理はアメリカを代表するウイスキー、バーボンを使います。

でも、この料理の見た目はアメリカ料理っぽくないのです。


中国料理のように見えます。 ごはんと一緒にいただくのもアジアっぽいですよね。 

白いごはんは南部料理のガンボとかでも使われるので、やっぱりこれは、ニューオリンズ料理なのです。

その、バーボンチキンの材料です。


重要なのは、バーボン・ウイスキー、ブラウンシュガー(私は、はちみつも使います)、醤油、しょうがです。 レモン汁とにんにくは、私の好みで入れました。 

これをすべて混ぜて、チキンを半日漬け込みました。 一晩漬けこんでもいいかも。


後は、焼くだけです。

これ以外の料理は、野菜スープです。


ベーコン、玉ねぎ、人参、セロリ、カリフラワー、キャベツが、たっぷり入っています。 チキンブロス、トマトソース、塩・コショーで味付けしています。

ワインはCornerstone Oregon Pinot Noir 2012、ピノノワールです。


バーボンチキンはオーブンで焼く人も多いようですが、私は中華鍋で焼くことにしました。


たれを入れて、絡めます。


ネギを散らして、出来上がり。


おいしい味に仕上がりました。

アメリカ料理ではありますが、きっと一部のアメリカ人しか作らないと思います。 でも、たぶん、この料理は多くのアメリカ人が好きです。 ちょっと、日本の照り焼きチキンみたいで食べやすい感じなのです。

決めては、やっぱりバーボンですね。 夫の家族が、ケンタッキー州にいるので、時々、少量生産、地元販売のみの特別なバーボンをもらいます。 

ストレートで味わうのが一番らしいのですが、私はソーダと割ったりします。 この行為は邪道です。  しかも料理に使うなど、とんでもない行為です。 

その上、バーボンではなくワインをバーボンチキンと一緒にいただいてしまいました。

家族が、このブログにアクセスしないことを祈ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿