9/13/2015

DNA祖先調査結果と枝豆パスタ

前日のブログで、我家のラストネームがフランス系という話をしました。 夫の父方の祖先がフランスからの移民であるということです。 しかしながら、それは200年以上も昔の話。

果たして夫は本当にフランス人の血が混じっているのでしょうか?

先月、暇な夫はDNA祖先調査を依頼しました。 唾液をとって送るという方法です。 そして、その結果がこれです。



97%ヨーロッパです。 その内訳はイギリスが38%で、一番高いです。 イベリア半島19%、西ヨーロッパ10%だから、ちょっとだけ、フランスが入っているようです。 

夫の母方はイギリスそしてドイツ系なので、まあ、それなりに、この結果は理解できるような気がしました。  

夫は、面白いから、私にもやるよう勧めてきました。 ということで、私も依頼しました。

ひょっとしたら、私は、中国系、いやいや、中国料理よりもタイ料理が好きなので、タイ系かもと期待に胸を膨らませました。 

その結果がこれです。



はあ~東アジア100%、たったこれだけ! しかも、この地図すごい広範囲! こういう結果を待っていたんじゃないんですけど、もっと、詳細が欲しいのですが。

わかったことは、私にはインドから西の血は全く混じっていないようです。 

それにしても、これって、ちょっと怪しい調査なんじゃないの? あまりにもアバウト過ぎませんか? 夫の結果もどこまで真実のものか?

これは完全に無駄遣いの調査でした。 でも、もっときちんとしたDNA検査は存在すると思いたいです。


気を取り直して、この日の料理です。

枝豆を使ったペスト・ジェノヴェーゼ風のパスタです。



材料です。


枝豆、にんにく、松の実、レモン、パルメザンチーズ、オリーブオイル、塩・コショー、ペッパーです。 全てをフードプロセッサーにかけるだけ。


これをパスタに和えて、枝豆、松の実、パルメザンチーズをふりかけました。


前菜は、いつものチーズボードと、



ハラペーニョペッパーの中に、ベーコン、玉ねぎ、トマト、ケールを炒めたものを入れ込み、チーズを乗せてオーブンで焼きました。 

美味しくいただきました。


0 件のコメント:

コメントを投稿