8/26/2015

ホタテフライとキヌアサラダ

冷蔵庫の卵をゆで卵にしようと思い、火にかけました。 それから、他のことをやっていたら、すっかりゆで卵のこと忘れてしまいました。 

45分位経過してしまいました。 鍋の水はすっかりなくなって、卵は破裂して少し焦げていました。 

でも、ゆで卵は食べられる状態でしたので、これを使って調理。 残念ながら、このゆで卵は主役ではなく、脇役のタルタルソースに使われます。 今宵のメインはホタテフライです。 



それに合わせてのワインはArtesa Sauvignon Blanc 2014、シャルドネも合うかもしれませんが、私は爽やかソービニョンブランが好きなので、こちらを選びます。


前菜は、特別なものはなし。


冷蔵庫の余りもの、スモークサーモン、サラミ、ターキーと、フルーツ。

ホタテは、塩・コショーをして、小麦粉をまぶし、卵、パン粉をつけます。


揚げます。


長く調理すると小さくなってしまうので、2,3分の調理。


付け合わせは、キヌアサラダ。 キヌアを炊いて、数種類の葉っぱ(ケール、アルグラ、チコリ)と混ぜます。 ドレッシングは、シンプルなレモンジュースとオリーブオイル、そして、塩・コショーのみ。

ホタテフライをのせて、レモンを添えます。



この日の脇役ではありますが、一番気を使ったのはタルタルソースです。


ゆで卵、紫玉ねぎ・ピクルスのみじん切りと、マヨネーズ、ディジャンマスタード、レモン、そして軽く塩味しました。 美味しいソースが出来ました。 

やはり、自家製タルタルソースが良いですね。 タルタルソースをたっぷりつけて、いただきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿