8/23/2015

おうちで本格インドカレー

数日前に、市販のデミグラスソースを利用して、良い味だったので、再びそのような商品を探してみました。 Whole Foods Marketのエスニックフード売場で見つけたものが、インドカレーのセットです。


材料を最初に漬け込むソース、スパイス、カレーソースが含まれています。 本格的な感じです。 そして、インドのパン、ナンも購入。

前回インド料理を作った時も、市販のマリネソースを利用しました。 なかなかの良い味だったので、期待大。

カレーは簡単にできそうなので、その前に、アペタイザーとワインの時間。



フィンガーフードが並んでいますが、これは、週末ポットラックパーティがあるので、その試作品です。 

ポットラックパーティって、行って食べるだけならいいけど、自分が用意するのは大変です。 何を作っていいのか、いつも悩みます。 ゲストの好き嫌いが、ある程度分かる場合は良いのですが、不確かな場合はとても悩みます。 

日本人だから、日本的なものを期待されるのかもしれないけど、ここでは和食材も手に入りにくいです。 私がおいしいと思う和食が、他の人にとっては、おいしいとは限りません。 中には、日本食なんか匂いだけでもいや、という人もいると思うのです。 

しかも、最近は、ビーガン、ベジタリアン、オーガニック、グルテンフリー、アレルギーなど、頭抱えます。 ケータリングすればいいのに、と密かに思ってしまいます。

この試作品に合わせて、ワインをオープンしました。 



このワインにはラベルがありません。 2480と書かれています。 後ろには、


色々書かれています。 Hollywood & Vine Cellars Chardonnay "2480" 2014です。

もう1本、赤ワインをオープンしました。



Artesa Estate Reserve Pinot Noir 2012、やっぱりピノノワールの方が好きです。

では、インドカレーの調理開始。 説明書きに従うだけです。



最初に、オリーブオイルを入れ、スパイス(シナモン、カルダモン、クミンシード)を炒めます。 そして、マリネしておいたチキンと野菜を炒めます。


その後はソースを入れて煮込むだけです。 調理時間は10分程度。 


そして、ナンはオリーブオイルを垂らして、オープンで2分焼くだけ。


こんな簡単で良いのでしょうか? 自分でも疑問を感じます。

盛り付けします。 まずは、カレー。



そして、ナン。


サフロンライスも用意しました。


サフロンは高いので節約しました。 薄いレモン色です。

きゅうり、紫玉ねぎ、トマト、ヨーグルト、クミンパウダーで、ライタを作りました。 サラダのようにいただきます。



味の方ですがまずくはありません。 でも、これアメリカ人標準なのか、辛さがほとんどないのです。 

しかも、アメリカ人標準にしては、なぜか塩味が薄すぎる。 このままでは味がしないので塩を使いました。 

市販のものでは、好みのカレーはいただけないということです。 でも、スパイス配合して作るのも大変なので、やはりインド料理店に行ったほうが早いです。 



0 件のコメント:

コメントを投稿