8/19/2015

ビーフステーキとデミグラスソース

日本に滞在していた2週間ちょっとの間、料理は全くしませんでした。 外食とコンビニの利用がほとんどです。 日本のコンビニは本当にあなどれないと、つくづく思います。 それなりの味の商品が、それなりの値段で販売されていて、利用価値です。

ナパに戻ってきてから、すぐに愛犬の入院。 4日間、テイクアウトと外食続きでした。 でも、愛犬がうちに戻ってきたので、この日からホームクッキング開始です。 


ブログに料理を載せていると、後から何を食べたのかわかるので便利です。 前回の料理から既に3週間経過してしまいました。 

体重を落とした上に、まだまだ元気のない愛犬のために、今宵はビーフステーキに決定。 



まずは前菜のプレートを準備。


チーズ、サラミ、ターキーハム、フルーツ、ナッツ等が乗っています。

ワインはビーフステーキに合わせて
Chimney Rock Arrowhead Vineyard Cabernet Sauvignon 2012、フルボディの美味しいワインです。


ビーフは、愛犬のお腹にもやさしい、脂肪分の少ないフィレミニョンを選びました。
 

夫も大好物のフィレミニョンなので、夫がこのおいしそうなビーフをマーケットで購入してきました。

このビーフに合わせてのソースです。



市販のデミグラスソースです。 こういう商品もたまには利用しないとね。 水を入れて温めるだけです。


グリル開始


サイドディッシュも用意します。 でも、これといったアイディアがなかったので、家にあるものを適当に調理。 ポテト、玉ねぎ、にんにくを、ローズマリー風味で、オーブンでローストします。


ステーキができたようです。 ミディアムで焼けているはず。


食卓に並べました。


デミグラスソースをかけます。


このソースはレストラン・クオリティと書かれていますが、確かに美味しいです。 アメリカの商品にしては、ちょうど良い塩加減です。 おいしくいただきました。 

愛犬もステーキ完食です。 犬も人間と一緒で、病院では食欲なくなるのかもしれません。 おうちで家族と一緒に過ごし食べることが、重要なのでしょう。 


特別おいしいものでなくても、家族と一緒に家で食べると、おいしく感じられますね。

家庭料理がやっぱり一番!



0 件のコメント:

コメントを投稿