7/19/2015

タンドーリチキンとターメリックライス

家では、ほとんど作ることのない、インド料理ですが、何事もチャレンジ! 気合が入っております。 まずは、出来上がりの作品から。


タンドーリチキンとターメリックライスです。 

気合が入っているのは、なぜなら、前日か、仕込みしたのです。 こちら、タンドーリチキンの材料。



もちろん、スパイス配合は自分ではできません。 市販のタンドーリ・マリネードを使います。

我が家は鶏肉は胸肉のみ使用しますが、ドラム、ウィング等があっても良いかもしれません。 インド料理ですから、ヨーグルトは重要です。

これらを全部混ぜます。 そして一晩寝かせます(パッケージの指示に従うだけです)。



翌日になりました。 まずはワイン。


Hess Collection Mt Veeder 2012、こちらは赤のブレンドです。 タンドーリチキンに合わせたものではありませんので、お試しです。 ミディアムからフルボディに近い赤ワインです。

おつまみはチーズとフルーツのボード。



黄色トマトのカプレーゼと残り物のスモークホタテとサラミ。


タンドーリチキンは、どのように焼こうか考えたのですが、キッチンに匂いが充満するのがいやなので、外でグリルすることにしました。

グリル用に串刺し開始。



このような使い捨てビニール手袋が必要です。 手にタンドーリチキンの匂いがしみついたら困ります。 


これを焼くだけです。 野菜も用意。


サマースクワッシュと紫のピーマン(パプリカというより、ピーマンみたいです)はめずらしいです。

ここでターメリック(うこん)ライスの準備。



バスマティライスにターメリックパウダー、ベイリーフ、バターが入ります。 後は炊飯器さんの仕事。

インド料理なので、こちらも用意。 まずはライタ。 



きゅうり、紫玉ねぎ、ヨーグルト、ミント、クミンパウダーが入っています。 お口直しにぴったり、サラダ感覚。

もう1品は、玉ねぎリリッシュ(ピクルスぽいもの)。



以前インド料理店で食べたときに、美味しかったので作ってみました。 玉ねぎ、レモン、パプリカ、カイエンペッパーで和えるだけです。

では、タンドーリチキンをグリルします。



ターメリックライスも炊けました。


盛り合わせ


美味しい! タンドーリ・マリネードは良い味出しています。 この市販の商品、なかなか使えます。 ワインはもう少し軽いほうが良かったと思いますが、美味しくいただきました。 

次のインド料理はやっぱりカレーですね。 これも、又、市販のカレールウを利用したいと思います。 毎日使うのであれば、色々スパイス揃えますが、たまに作るのに全部揃えられません。 

以前、夫がインド出張の時、色々なスパイスをお土産に買ってきたのですが、ほとんど使うことなく、数年後にゴミ箱行きました。 残念なことをしましたので、スパイスを無駄に買わない、教訓です。


0 件のコメント:

コメントを投稿