7/15/2015

ハムステーキとパイナップルソース

夫がクリーブランドから戻ってきて、最初の夕飯です。 あちらでは、おいしい家庭料理を味わったようなので、こちらも、しっかり家庭料理を用意することにしました。

それにしても、古今東西世の中の多くの男性は家庭料理がお好きですね。 外ごはんよりは家ごはん、マミーの料理が一番だけど、ワイフの料理も悪くない。

まずは、ひとりの時には用意しない、大きい前菜プレートです。



チーズ、オリーブ、シャルキュトリー(Charcuterie)など定番のものです。

ワインは
Jamieson Ranch Viognier 2013、ヴィオニエ、あまり流通していない、ブドウの品種ですが、さわやかな白ワインで、飲みやすいです。


この日のメニューはハムステーキとパイナップルソースです。


ハムステーキ用のハムを買ってきましたので、これを焼くだけです。 しかも、このハムは大きく、フライパンに入らないので、オーブンで焼くことにしました。 

パイナップルは、缶詰ではなく、フレッシュパイナップルを利用します。 付け合わせはマッシュトポテトとアスパラガスのロースト。



パイナップルソースの材料はこちら。


パイナップルを細かく刻みました。 バターで少々炒めてラム酒を投入。 アルコールを飛ばして、はちみつを入れ煮詰めました。 

アメリカではブラウンシュガーを使うのが一般的ですが、はちみつを利用してみました。


サラダ


盛り付け


ハムと白ワインとの相性は良いと思ったのですが、赤とも合わせてみました。 Larson Family Pinot Noir 2012、こちらとも相性は良いです。 


家庭料理と言えるほどの調理ではありませんが、おいしくいただきました。

愛犬の病状がかなり回復してきたので、そろそろ外食できそうです。 レストランから料理をテイクアウトするのも悪くはないですが、やはり、非日常的な場、レストランでの食事は別のものです。


レストラン巡り開始!

0 件のコメント:

コメントを投稿