6/22/2015

照り焼きチキンとブロッコリーラベの小鉢

連日のホームクッキング、だんだん、食事作ることに嫌気がさしてきました。 やっぱり、根っからの料理人ではないことが判明です。 

でも、家で作ると、節約できることもよくわかります。 ちょっと高いオーガニックのWhole Foods Marketで買い物しても、外食するよりは安いのです。 

とにかく、スーパーへ行く気力もなく、冷蔵庫の中にあるもので調理しました。 あまり面白くないメニューです。 


冷蔵庫にあった、ブロッコリーラべという、菜の花に近い葉を調理します。 


私は、この野菜が大好きで、何に使うのか考えずに買ってしまいます。 付け合わせの野菜にしたり、パスタにも入れたりします。 

この日は和食に使ってみることにしました。 先に茹でておいて、和の小鉢、3種類用意しました。


左から胡麻和え、中央は白和え、右は辛子醤油和え。

メインは照り焼きチキン。 寿司や刺身はだめだけど、照り焼きチキンなら食べられる、というアメリカ人多いですよね。



もも肉はあまり好きでないので、胸肉で作りました。 照りがもう少し必要かな。 マイタケごはんと、マイクロシラントロが乗っています。

ブロッコリーラべの小鉢3種類の中で、夫は胡麻和えが一番気に入ったみたいです。 私は辛子醤油和えが一番好きです。 地味なおかずです。

地味なおかずに対しての、派手なおかずって何でしょう? と疑問に思い、検索してみました。 世の中、同じこと考える人がいるのです。 どうも、洋食系が派手なおかずで、和食系が地味なおかずと考える人が多いようです。

体に良いのは、おそらく地味なおかずなのでしょう。 でも、地味なおかずばっかり食べていたら、オバサンがもっとオバサンになってしまいそうです。 


アメリカのオバサンたちのように、いくつになっても、バーガーを頬張るパワーを持ちたいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿