6/21/2015

地中海料理フムスとグリークサラダ

最近日本でも注目されている、中東・ギリシャの代表的料理フムスを作ってみました。 

我家では(Hummus) ハマスと呼んでいます。 アメリカでも健康食として考えられ、特にベジタリアンの人たちに人気です。


一緒に写っているのは、ピタパンという中が空洞になっていて、サンドイッチなどに使われるパンです。  ピタパン或は野菜スティックなどを、つけて食べると美味しいのが、フムスです。

フムスは、料理という程の料理ではなく、材料を揃えて、フードプロセッサーにかけるだけです。 


ひよこ豆は缶詰を使います。 タヒニと呼ばれるごまのペーストが重要です。 

それ以外は、レモン汁、にんにく、クミン、オリーブオイル、塩・コショーです。 これらを全部フードプロセッサーに入れます。


味を確認して出来上がりです。


オリーブオイルをかけて、チリパウダーを少々。 もう食べられます。


ドリンクタイム


Hill Family Red Blend 2012、レッドワインブレンドとおつまみです。

フムスを作ったので、サラダはグリークサラダにしました。



普通のサラダ(アルグラ、キュウリ、赤緑パプリカ、紫玉ねぎ、トマト)に、フェタチーズとカラマタオリーブを加えただけです。

これだけでは、何か足りないような気がしたので、急遽、冷蔵庫の整理を兼ねて、ギリシャ料理のムサカっぽいものを作りました。 

ムサカには思い出があり大好きな料理なので、別の機会にきちんと作りたいと思います。 なので、これは私的にはムサカ簡略版です。

アメリカのナスを用意します。 大きさ比べのため、普通サイズのレモンを隣におきました。



塩を振り、あく取り下処理をします。 アメリカナス、これが結構面倒な作業です。


下処理後オリーブオイルで焼きます。


そして、先日使ったパスタソースの残りを利用して、なすと重ね合わせます。


モッツアレラチーズを乗せて、オーブン行き。


25分後出来上がり。


食卓に全員集合です。


地中海料理の日となりました。

病弱な愛犬を抱えて、なかなか海外旅行もできない状況ですが、こうやって、色々な国の料理を作ることができたり、レストランで食べる事ができるのは、やっぱり移民の国アメリカならではのメリットであると思います。

米国滞在長くなると、アメリカやアメリカ人を面白おかしく言ったりもしますが、アメリカには良い事もたくさんあります。 

これまでも、たくさん良い事ありました。 でも、一番良かったのは、アメリカ生まれの夫と、アメリカ生まれの愛犬に出会ったことです。

0 件のコメント:

コメントを投稿