6/27/2015

沖縄タコライスと豆腐チャンプルー

最近日本のテレビで、沖縄戦70年の話が出ていて、沖縄のことを思い出しました。 以前の仕事では沖縄出張が多く、仕事ではありますが、それなりに楽しんでしまいました。 

職場では、やたらと沖縄出張を理由づける上司や同僚、沖縄ファンが多く存在していました。 沖縄には独特の雰囲気・文化があり、私も沖縄ファンの一人です。 

美しい景色、(台風はありますが)温暖な気候、フレンドリーな人々、そして美味しい沖縄料理。 


私の場合、どうしても食に方向が行ってしまいます。 海ぶどう、島らっきょう、ラフティー、沖縄そば等、美味しいものいっぱい。 そして、オリオンビールと泡盛は、欠かせません。

そういう訳で、沖縄料理を作ってみようと思ったのですが、ここはアメリカ・ナパバレー、食材が限られています。 でも、これなら大丈夫の2品を作りました。


ここは美味しいタコ(海の蛸ではなく、メキシコ料理のタコス)が存在するカリフォルニアですのでタコライス。 そして、豆腐を使ったチャンプルーです。

まずは、料理の前にはハッピーアワー。 オリオンビールや泡盛は残念ながらありませんのでワインと一緒に。



Bartholomew Park Winery Antonia 2012、ミディアムボディの赤です。

タコライスの材料はすでに用意済みです。


ごはん、トマト、アボカド、チーズ、レタス、そして、牛ひき肉を炒めたもの以上です。 ひき肉の味付けは適当に、でも、チリペッパーは忘れずに。

盛り付けました。



ちょっとジャンクフードっぽい感じはあります。 これは、やはりB級グルメなんでしょうか。

豆腐チャンプルーは豆腐、アルグラ、ほうれん草、きのこ、卵を入れて、炒めただけです。


美味しい沖縄料理でした。 最近は色々な所で、沖縄料理を楽しめるようになりましたが、やっぱり、沖縄に行って沖縄料理を食べるのが一番です。 いつか又行きたいです。

今年は戦後70年なんですね。 もちろん戦争を知らない世代ですが、70年の間にとても色々な事が起こってますね。 そう考えると、これから70年先は、想像もつきません。


あと70年は生きていないでしょうが、あと40年ぐらいは生きられるかもしれません。 飲み過ぎず健康オタクになるしかないです。

ところで、サンフランシスコベイエリアはこの週末は大騒ぎ! そうです、ついに全米で同性婚が認められたからです。

ナパ郡はベイエリアの北の端っこなので、サンフランシスコ市のレベルではありませんが、同性カップルはそれなりにいます。 うちの近所にも数組の同性カップルがいます。 


彼らが、異性カップルと同等の権利を持つことは、もはや普通の動きなのでしょう。 

アメリカも歴史に残るような事が色々起きてます。


0 件のコメント:

コメントを投稿