5/12/2015

スキャロップドポテト

この日も、食材使い切りのためにメニューを決定しました。 ポテト2個、そしてチーズ3種類を使って、チージー・スキャロップド・ポテト(Cheesy Scalloped Potatoes)です。

この料理はグラタンとかキャセロールのようなもので、どちらかと言うとサイドディッシュなのですが、タンパク質のハムを入れてメインとして頂くことにしました。

まずは前菜ですが、これも食材使い切りプレートになっています。



毎日同じようなものが登場しておりますが、写真使いまわしではありません。 二人暮らしですと食材なかなか減らなくて、同じものが登場してしまうのです。 

誰か遊びに来て、消費していただけませんか。

この日のワインは、めずらしい選択です。



Sterling Syrah Rose 2013、シラーロゼです。 夫も私もロゼをそれ程好まないのですが、ワインクラブメンバーなのでこれ購入義務なのです。 でも、このロゼは飲みやすくて、美味しいです。

メインのスキャロップドポテト調理開始。 まず最初は、じゃがいもを薄く切り、5分位下茹でして冷まします。



スキャロップド(Scalloped)とは、ホタテのことではありません。 この形のことを示しています。

次に玉ねぎをバターで炒めます。 スキャロップドポテトに、玉ねぎを入れない人も多いですが、私は入れるのが好きです。


そして、プロシュートハムを入れ、
炒めて、火を止めておきます。


次はホワイトソース作りです。 

この日はキャンベルスープを使っての手抜きはしません。 きちんと、ホワイトソース作ります。 

バターと小麦粉同量を入れて混ぜ合わせます。


ミルクを入れていきます。 うまく混ざってきたら、チェダーチーズとパルメザンチーズを入れます。


パルメザンチーズは塩味が強いので、味付けに注意。 塩とカイエンペッパーを少々いれ味を調えます。 

出来上がりました。


キャセロールディッシュに、ホワイトソース、ポテト、玉ねぎを、段重ねしていきます。


いい感じです。


ポテト活躍。 最後にホワイトソースたっぷり。


この上にチェダーチーズとモッツアレラチーズを振りかけます。


オーブンで焼くこと約30分。 出来上がり。


食卓はこんな感じです。


大変おいしくいただきました。

この日は、私流に少々変えた調理法ですが、基本アメリカの家庭料理です。 


アメリカ料理って、まずいと思われがちですが、アメリカ家庭料理には、美味しいものがたくさんあります。 これまで、アメリカ人の家庭でいただいたもので、まずいと思ったものはほとんどありません。

スキャロップドポテトは、最初に移民した人たちの祖国料理に近いものです。 移民の歴史と共に、アメリカ料理の定義も変わってきているような気がします。


0 件のコメント:

コメントを投稿