5/11/2015

母の日は多国籍料理のおうちワインバー

日は、レストランでサンデーブランチとずっと考えていました。 でも、よくよく考えてみると、私自身は母になったことないので、厚かましいと思い、家で普段のように料理することにしました。 

食材使い切りプロジェクトも進行中ですので、思いついたものをどんどん作ってみました。 結果はかなり多国籍料理、或は、これがアメリカ料理なのかもしれません。

スタートはワインからです。



嬉しいことです。 子供を産んで育てたこともないのですが、何とカードと花を頂きました。 よく見ると、愛犬からです!

そうなんですよ、私は愛犬の継母だったんです。 生まれて9週間目から世話してます。

ワインはHill Family Sauvignon Blanc 2013、すっきりソーヴィニョンブランで軽く乾杯。

今宵はワインバースタイルで次々と料理が登場します。 まずは、オードブルのデビルドエッグ。



これは調べたら、オリジンはイタリアのようです。 でも、アメリカでもフィンガーフードの定番です。

次は同じくイタリアの、マッシュルームのマリネサラダ。



単にオリーブオイルとワインヴィネガーでマリネしただけです。

次は少し調理しています。 メキシコ又は中南米のエビのセビーチェ。



エビ、パプリカ、玉ねぎ、シラントロを、レモンとライムジュースでマリネしています。

ここで、赤ワインの
Beringer Pinot Noir 2013に変更。 白は飲み切っておりませんが、赤が好きなので赤ワインボトルをオープン。 母の日なので、少しわがまま言います。


次の料理は韓国のキムチとねぎのチジミ。


そして、タイ風豚肉と野菜の炒め物。


中国料理にも見えますが、一応ナンプラーをメインの味付けとして使ったのでタイ料理。

そして日本の冷奴。



きゅうりとねぎをたくさんかけてサラダ風。

最後は日本の鮭茶漬け。



これって、ワインバーというよりは居酒屋でしたね。 でも、ワイン飲んでいるので、ワインバーです。 

全く統一性のない料理の数々で、メルティングポットではなく、サラダボウルと呼ばれるアメリカ社会を生きている証でしょうか。

とりあえず、食材使い切りが順調に進んでおりますので、万歳です。


Happy Mother's Day!

0 件のコメント:

コメントを投稿