5/30/2015

120年続く老舗のフランスパン

(この記事内写真を紛失してしまいました。 せっかくお立ち寄りいただきましたのに、大変申し訳ありません)

東京で120年続くパン屋さん、関口フランスパンでの朝食です。 

銀杏並木の通り沿いにある目白坂本店に行きました。
中に入ります。
店内にパンが並んでいます。
カレーパンって好きなのですが、カロリー高そうで、いつも躊躇。

たくさん興味深い調理パンがあります。

こちらにはクッキーとかケーキも。
そしてサンドイッチも。
ここの売りはお店の名前でもあるフランスパン、バゲットでしょうか。 
おいしそうですね。 ふと見ると、面白い商品発見、その名も、明太子フランス。
フランスパンと明太子の組み合わせは、やっぱり日本ならではなので、これに決めました。
コーヒーと一緒に。
店内でもいただけます。
すがすがしい初夏の朝は、こちらのお外で朝食。
フランスパンはパサパサせず、程良くしっとり、それなりのコシがあり、グルメ日本人向けです。

このパンと比べると、ナパバレーの人気ベーカリー、ブーションのバゲットは、より硬く、水分が少なく、コシも若干強いかも。 

パン全般に言えることですが、日本のパンはアメリカのパンに比べると、やっぱり柔らかいです。


アメリカのパンも悪くないけど、日本のパン屋さんには、おいしいものがたくさんあります。 特に調理パンのアイディアはあっぱれですね。

あれもこれも、食べたくなってしまいます。 でも、炭水化物過剰摂取には気をつけないと。 焼きそばパンとかです。


0 件のコメント:

コメントを投稿