4/04/2015

あめ色玉ねぎに失敗したカレーライス

日本人の大好きなカレーライスの登場です。 実は、私は日本のカレーよりもタイやインドのカレーの方が好きです。 でも、たまに日本のカレーが食べたくなります。 

子供も大人も大好きな日本の国民食カレーライスですが、その家によって作り方とか食べ方とかもかなり違いますね。 


我家の食卓では、カレーライスの登場率は低い上、お母さんのカレーが食べたいと言う子供もいないので、毎回適当です。 何らこだわりもありません。

この日は初めてあめ色玉ねぎに挑戦してみました。 暇人なのにもかかわらず、手の込んだ作業を嫌う性格なので、今まで作ったことありませんでした。 


でも、あめ色の玉ねぎを使うと味が違うという話なので、何事も挑戦。 


やっぱり、だめです。 気が短いので、15分過ぎたくらいから、もう限界。 あせって、火を強くして、焦がしてしまいました。


もうかまわず、牛肉を入れてしまいます。 野菜も炒めます。 人参、マッシュルーム、形のくずれにくいYukonというじゃがいもを入れました。


この後、水を入れて弱火で2時間コトコト。


待ち時間はワイン。


Monticello Vineyards Pinot Noir 2011、カレーと相性が良いだろうと思われるピノノワールです。 

そろそろ2時間どうでしょうか。


ちょっと驚き。 野菜がくずれていません。 

ここで市販のルウを入れます。


ちょっと煮込んで出来上がり。 


食卓に簡単なサラダも沿えて。


あめ色玉ねぎはちょっと失敗したけれど、味はなかなか良かったです。 やっぱり、玉ねぎ効果でしょうか。 夫も、以前のものよりおいしいと言ってました。 

でも、私は気が短くて忍耐力ないので、時間かけて炒めるのは無理です。 気が長くて忍耐力のある夫に、次回ぜひともやっていただきたいと思いました。 

あめ色玉ねぎを使えば、ビーフシチューもおいしくできそうです。


0 件のコメント:

コメントを投稿