4/29/2015

ひれかつとワイン

フード&ワインのペアリングについて、私の基本的な考え方はルールに縛られずに、自分の好きなワインを飲む、ということです。 

同じ料理でも、その時の状況により選ぶワインが違うこともあります。 そして、ワイン好きの私ですが、時にはビール、日本酒、ウイスキー、焼酎、カクテルと何でも愉しみます。 

フード&ワインのペアリングにあまり頭を悩まさない。 ストレス解消のためのアルコールが、逆にストレスになったら本末転倒です。

この日のディナーは和食のヒレカツです。 

実は先日購入したキャベツがとても柔らかく、生の千切りにぴったりだったので、それに合わせての料理です。 付け合わせが先に決定している、普通は逆ですね。 でも、アメリカのキャベツは硬くて、なかなか合うキャベツがないのでチャンスです。

初めにひれ肉をカットしました。



美味しそうな色です。

和食の日なので、チーズやオリーブの前菜プレートはなし。 でも、まずはワインをオープン。



Cairdean Chardonnay 2011、ヒレカツにはシャルドネがお勧め、ということで選択。 

ここで、和食のおつまみを1品作りました。 



グリーンペッパーの入った玉子焼きです。 たまに、玉子焼き食べたくなります。 

そして副菜の2品を準備。



ほうれん草のおひたしと、きゅうり、お麩、わかめの酢の物。 あっさり系の副菜です。

ヒレカツを揚げていきます。



どんどん揚がってます。


お皿に乗せて食卓へ。


レモンとトマトも添えます。 もちろん、柔らかいキャベツの千切り、ご飯とお味噌汁も作って、日本の食卓のようです。


ここで、白ワインが赤ワインに変わっています。 


最初に飲んだシャルドネは冷蔵庫行き、赤ワインをオープンしました。 Reata Pinot Noir 2011、ピノノワールです。 

シャルドネが嫌いという訳ではなかったのですが、ピノノワールと一緒にヒレカツを食べたかったので変更です。 ペアリングはうまくいきました。

この日、一番楽しんだのは愛犬です。 愛犬はヒレカツが大好きなのです。 和食では、しゃぶしゃぶとヒレカツが大好物です。 


余ったヒレカツは翌日のおやつになりそうです。 夫と私はおこぼれを頂戴して、ヒレカツサンドです。 

0 件のコメント:

コメントを投稿