3/13/2015

塩だらを使ってポルトガル風料理

ちょっと前にTVジャパンで、ポルトガルの居酒屋料理を紹介していたのを見ました。 その時使われていた塩鱈が気になっていて、アメリカにもあるのかなと思ったらあったんです。 

Whole Foods Market魚売場の片隅で、ディスカウントされていたので買ってしまいました。 きっと、アメリカにはあまり購入する人いないのでしょう。

これがその商品です。 木箱に入っているので何様と思いますが、カナダ産塩鱈1ポンド(454g)で$10もしませんでした。 


やっぱりタラちゃん、控えめでかわいいですね。


このままでは塩味が強くて使えないらしいので、水に漬けて冷蔵庫で1晩塩抜きをしました。


さて、これをどのように調理するのか検討。 

色々グーグルしてみたところ、アメリカのサイトで見つけた、トマト煮込みが簡単そうだったのでこれに決定。 

材料です。


さいの目に切った玉ねぎと赤と緑のパプリカ、にんにくのみじん切り、一口大に切った鱈、トマト缶、以上です。 レシピでは、じゃがいもも入っていましたが、家になかったので省略。 

最初は玉ねぎ炒めです、そして、
パプリカ、にんにくを入れます。


トマト缶を入れます。


ちょっと煮込んでから、タラちゃんも参加。


蓋をして、弱火で15-20分くらい。

その後味を確認したら、鱈の塩味が残っていたので、調味料なし。 コショーは食べる直前に。



長粒種のご飯を下に、鱈の煮込みを上にかけて、パセリを少々盛り付け終了。


このレシピはアメリカのサイトで見たので、本当にポルトガル料理なのか不確かです。 

塩鱈のことをポルトガル語でバカリャウと言うみたいですので、バカリャウで検索すると色々なレシピが出てきます。 

ペアリングワインはClos Pegase Sauvignon Blanc 2012です。


ポルトガル風料理、なかなかおいしい出来でした。 

0 件のコメント:

コメントを投稿