3/31/2015

麻婆豆腐とワイン

夫と私は中華料理を外で食べることはほとんどありません。 サンフランシスコ辺りの本格的中国料理は機会があれば行きたいと思います。 

でも、アメリカのどんな田舎にも必ずある、アメリカ人向けの中華料理店の料理は食べません。 そして、ワインの産地、ナパバレーにはおいしい中華料理は存在しません。

中華料理を食べたい時はうちで作るしかないのです。 本日のメニューは麻婆豆腐(Ma Po Tofu)です。 


まずは麻婆豆腐と相性の良いワイン選びです。

アメリカのサイトでも、日本のサイトでも、ゲヴュルツトラミネールを勧めていました。 そんな口を噛みそうな発音のワインは我家にはありません。 


仕方がないので、こちら。


先日行ったワイナリーCairdean Chardonnay 2011、シャルドネにしては甘口だったので、辛口料理と相性が良いと思われます。

ワイン片手に調理を開始。

材料です。 お肉は豚ではなく牛です。 日本から持ち帰ってきた、豆板醤と甜麺醤もあります。



麻婆豆腐のような人気おかずの、調理順番を説明するほどではありませんね。


最初にお肉を炒め、出てきた灰汁を捨ててから、調理を開始します。 日本のレシピとは違うかもしれませんので、あまり気にしないでください。






あっという間にできあがりました。 アメリカ流に盛り付けます。
 

ご飯は、長粒、パサパサお米が合います。 おいしく食事いただきました。 

チャーニーズフード&ワイン、なかなか良いかもです。 今後、開拓できる分野ではないでしょうか。

でも、紹興酒も捨てがたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿