2/28/2015

キャンベルスープを使ってアメリカ家庭料理キャセロール

この日はアメリカの簡単家庭料理です。

アメリカ人の大好きなこの赤と白のスープ缶、日本でも多くのファンがいますね。



キャンベルスープは長くアメリカ人から愛されてきた製品です。 最近は時代の波に乗り、ヘルシー志向減塩スープも販売され、アメリカのスーパーではかなりの棚を占領しています。

我家では左側の4品はスープとしていただきます。 右側の2品はGreat for Cookingと書かれていますが料理に使います。

この料理用はベシャメルと呼ばれるホワイトソース+ブロスの代わりに使います。 しかも、既に味がついているので簡単に料理ができます。 

この日はマッシュルームスープ缶を使って、アメリカの家庭料理キャセロールを料理してみました。 

材料はこちら、


料理開始。 

まずは、バターと玉ねぎを炒めます。 このふたつがかもし出す匂いって、幸せを感じる匂いです。 そして、次にチキン。


ケールとしいたけ、そして少し茹でたマカロニも参加。


ここでスープ缶を投入。 味は既についているので、若干のスパイスを入れました。 


キャセロール皿に移し替え、チェダーチーズを乗せます。

いつもはモツアレラチーズを利用します。


375度(日本では190度位)のオーブンで約25分焼きます。 できあがりは、こんな風で、ちょっと焦がしたのが我家の好みです。


キャセロールの中の材料は決まっていないので、冷蔵庫にある野菜を適当に使うと良いと思います。

キャンベルスープを使うと、一部作業の手間が省けるので、忙しいアメリカ人主婦(夫)はよく利用しています。 
私もベシャメルソース作るときもありますが、これ使ってしまう時も多いです。 

感謝祭のターキーディナーのサイド、グリーンビーンズキャセロールが有名です。 こういう商品も利用して、賢い主婦にならなくてはいけないですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿