1/16/2015

ナパで餃子とラーメンに挑戦

ワインカントリーの家庭にも、たまに登場する日本のB級グルメではなく、日本が世界に誇るグルメ。 

材料の入手がしにくい土地では、こんな風に出来上がる例です。

まずは餃子。 材料は全てアメリカのスーパーで入手。



餃子の皮は最近スーパーに登場したので嬉しいです。 でも、ニラは無いのでネギで代用。 キャベツと白菜、そして椎茸を入れました。 ひき肉は牛肉です。 

材料を混ぜ合わせて、皮に包んで出来上がりです。


ちょっと小さいけど、まあ普通の出来。

ここで、フライパンを使って焼くのですが、これが結構厄介なのです。



うちには、テフロン加工のフライパンはないので、このステンレスで焼くのが、結構むずかしいのです。

今日はどうでしょうか。


パリッと仕上がってなくて、あまりおいしそうには見えません。 味は何とか大丈夫ですが見栄えが悪いです。 ちょっとお恥ずかしい結果です。

次はラーメン。 アメリカのマーケットにも増えてきたインスタントラーメン。



麺湯でに1分、粉末スープに3分、そして、野菜、卵、のりを乗せてみました。

どうでしょうか。



いまいちです。やっぱり、インスタントしかもアメリカのラーメン、それなりの味でした。 自分で手作りしないとダメですね。

ワインカントリーライフも楽しいけど、本格的な日本食を作るのは大変です。 

日本に帰ると普通のラーメンや餃子に感動します。 しかも、日本のビールもおいしい。 B級グルメという言葉は使えません。

0 件のコメント:

コメントを投稿